ご予算に応じて実現できる洗練されたお部屋づくり


おしゃれな部屋の作り方 | 家具インテリアSTYLICS
高級マンションのインテリアやモデルルームのような高級感のあるインテリアの実例集です。

日本で最も多くのインテリアコーディネートを行うスタイリクスのコーディネーター達が、お客様の思いを実現したお部屋を色々な間取りでご紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。高級感のあるお部屋づくりのコツや工夫も必見です。

⇒高級感のある部屋の実例をすぐ見たい方はこちら




高級感のあるお部屋づくり

高級感のあるお部屋作りには、実際に高級なアイテムを入れる場合と、デザインで高級に見えるお部屋を作る場合とがあります。
 
  

<1.アイテムで高級感を演出>

実際に高級なアイテムを入れる場合は、素材と作りがポイントです。高級木材を使用したり、織り柄のしっかりした美しいファブリックを用いたりと、見る人が見ればわかる高級感が出ます。

構造としての作りや表面の仕上げも、熟練の職人が丁寧に仕上げた国産のものは、触った時の滑らかさやつなぎ目の美しさに表れ、日本の物作りの素晴らしさを感じられるものです。

ブラックを効かせたモダンインテリア

スタイリクスが扱う高級インテリアのメーカー・ブランドには、以下のものがあります。

Arflex(アルフレックス)、ARMANI/CASA(アルマーニ・カーザ)、BoConcept(ボーコンセプト)、B&B ITALIA(B&Bイタリア)、Calligaris(カリガリス)、karimoku(カリモク)、Cassina(カッシーナ)、CONDE HOUSE(カンディハウス)、FLOS(フロス)、Herman Miller(ハーマンミラー)、HUKLA(フクラ)、IDEE(イデー)、KNOLL(ノール)、LE KLINT(レ・クリント)、ligne roset(リーン・ロゼ)、louis poulsen(ルイスポールセン)、MORISHIGE(モリシゲ)、Natuzzi(ナツッジ)、Sealy(シーリー)、Simmons(シモンズ)、TENDO(天童木工)、Tempur(テンピュール)、THONET(トーネット)、VITRA(ヴィトラ)、YOTAKA(ヨタカ)等


他にも個別にデザイナーズブランドも扱っておりますので、ご指定のものがある場合は、是非お尋ねください。
  
静と動のバランスでつくる、北欧モダン

  

<2.コーディネートで高級感を演出>

一方、デザインで高級に見えるお部屋作る場合は、アイテム一点一点というよりも、お部屋に入った瞬間に上質な大人の雰囲気を感じるコーディネートがポイントです。

スタイルの方向性としては大きく二つに分かれます。

一つは、モダンスタイルでの高級感。日本人がホテルライクなお部屋、と表現する場合は、多くはこちらを指しています。その中でも、作りやすいのは、明るさのトーンを落とした、ダークブラウンの木を中心にストレートなフォルムで端正な印象の空間を作るのが、シックモダンスタイル。

逆に明るい木の素材で、ナチュラルや北欧モダンスタイルでも高級感を出す場合には、サイズを大きめにどっしり構えながらも、美しい仕上げの曲面や上品なデザインのファブリックを備える事で高級感を出します。

白い照明がアートなお部屋

もう一つのスタイルの方向性はクラシックやアンティークな高級感です。実は高級感と伝統的なイメージは密接に繋がっているので、こちらの方向を好まれる方も多くいらっしゃいます。

洋風なものだとラグジュアリーモダンといわれるような装飾性の高いデザインとモダンな素材を合わせたスタイル。和風であれば、逆に無駄のない機能的でシンプルなデザインに日本らしい素材や色を合わせたスタイル。



スタイリクスでは、高級感のあるインテリアの為に、幅広いスタイルのコーディネートで、家具・カーテン・ラグ・照明などトータルにご提供しています。


<3.小物使いで高級感を演出>

シャンデリアやアート、クッションなどの小物を効果的に置くことで、魅力あふれるお部屋に見せることができます。例えば、複数の間接照明を使って壁面に光を当てることで高級ホテル風の洗練された優雅な空間が生まれます。

光をデザインするお部屋
観葉植物はほどよく取り入れることでくつろぎの空間に。グリーンには癒しの効果もあります。葉っぱは丸みのあるものよりも、すっきりした形のもののほうがお部屋とのバランスが取れておすすめです。
 

いろんなお部屋を見たい!

ページ下部は高級感のあるお部屋の実例です。

たくさんの実例の中から、自分の好みにあったインテリアを探してみてください。
 
 

困ったらプロに相談

先ほどご紹介した3つのポイントを取り入れても、「自宅の床・フローリングやクロスの色と家具が合わない」「お部屋に統一感がなく、生活感が出てしまう」などの悩みが出てくる場合もあるかと思います。

そんな時はプロのコーディネーターの出番です!スタイリクスのコーディネーターなら、豊富な知識や経験をもとにしたお客様一人一人のお部屋に合ったアドバイスが可能です。お気軽にご相談ください。
 
⇒無料コーディネート相談のお申込みはこちらから

「上質な家具を手軽に揃えたい」「先々の変化にも柔軟に対応したい」という方のために、家具レンタルプランもご用意しています。

■この記事を書いたコーディネーター
 
20201116KO
小針 千紘:インテリアコーディネーター
登録番号190584A
北欧留学時に家族との時間を大切にするライフスタイルやインテリアを楽しむ姿勢に感銘を受けてインテリア業界へ