インテリアコーディネーターに関連する多数の資格の中から「照明士」「照明コンサルタント」をご紹介します。

 

照明士

照明士は空間の演出に必須な照明についての幅広く専門的な知識を身につけていることを示す資格です。同団体が主催する「照明コンサルタント」資格を習得後より深い専門知識を身につけたい人にオススメです。

「専門講座」として毎年6月~7月に受付が開始され、演習問題とレポートの回答・提出、翌年3月に行われるスクーリングの受講を経て認定された照明学会の正会員が「照明士」の照合を使用できるようになります。認定後は年会費10000円が必要です。

 

  • 資格の種類:照明士
  • 受験資格:照明コンサルタント認定者かつ照明学会の正会員(会費は有料)
  • 資格運営団体:一般社団法人 照明学会
  • URL:https://www.ieij.or.jp/educate/senmon.html

 

照明コンサルタント

照明コンサルタントは住宅はもちろん、店舗や事務所といった日常生活に役立つ、空間の演出に必須な照明についての幅広い知識や、照明計画・照明コンサルティングに必要な照明技術を身につけます。

 

「基礎講座」として毎年4月~5月に受付が開始され、演習問題とレポートの回答・提出、翌年7月に札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡の9ケ所にて開催されるスクーリングの受講を経て認定され「照明コンサルタント」の称号を使用できるようになります。認定は5年間有効で、5年ごとに行われるレポートの提出・合格判定とスクーリングの履修更新を行い、所定の要件を満たした場合に更新できます。

 

  • 資格の種類:照明コンサルタント
  • 受験資格:特になし
  • 資格運営団体:一般社団法人 照明学会
  • URL:https://www.ieij.or.jp/educate/kiso.html

 

照明学会

照明学会は1916年に設立され、照明技術の発展や照明知識の普及のために、8つの分科会、研究調査委員会、特別研究委員会などによって各種の研究・調査を行い、照明に関する規格・基準の調査およびJIS規格の制定や原案作成ならびに学会技術基準、技術指針の策定などを行っている一般社団法人です。

 

※上記の情報は変更の可能性がありますので最新情報は必ず各資格運営団体までご確認ください。

 

 

インテリアコーディネーターのページに戻る

 

インテリアコーディネーターに依頼したい人はコチラ