インテリアコーディネーターに関連する多数の資格の中から「建築士」をご紹介します。

 

建築士

建築士は建物の設計をする上で必要な日本の国家資格です。インテリアコーディネーターとして活躍する人の中でもリフォームなど、建物に関わる分野に携わるには必須の資格と言えるでしょう。

 

資格試験は「学科試験」「設計製図試験」の二つに分かれています。「学科試験」の合格者が「設計製図試験」を受けることができます。「設計製図試験」に合格し、建築士免許登録することで建築士として業務を行うことができます。

 

  • 資格の種類:一級建築士・二級建築士・木造建築士
  • 受験資格
    • 一級建築士:二級建築士資格・高等専門学校~大学の国土交通大臣が指定する建築に関する指定科目を修めて卒業。加えて2-4年の建築に関する実務経験年数(左記によって異なる)など。
    • 二級建築士・木造建築士:建築に関する学歴なし~大学の国土交通大臣が指定する建築に関する指定科目を修めて卒業。加えて0-7年の建築に関する実務経験年数(左記によって異なる)など。
    • http://www.jaeic.or.jp/shiken/k-seidozenpan/index.html#cm4
  • 資格運営団体:(財)建築技術教育普及センター
  • 一級建築士 URL:http://www.jaeic.or.jp/shiken/1k/index.html
  • 二級建築士 URL:http://www.jaeic.or.jp/shiken/2k/index.html
  • 木造建築士 URL:http://www.jaeic.or.jp/shiken/mk/index.html

 

建築技術教育普及センター

建築技術教育普及センターは、多様化する建築物の設計・工事監理の各種ニーズに応えられる建築士を初めとする建築技術者の資質の一層の向上に資する機関として1982年に設立。2013年に公益財団法人となりました。現在は「建築士」「建築設備士」「インテリアプランナー」の資格試験を運営している。

 

※上記の情報は変更の可能性がありますので最新情報は必ず各資格運営団体までご確認ください。

 

 

インテリアコーディネーターのページに戻る

 

インテリアコーディネーターに依頼したい人はコチラ