インテリアコーディネーターに関連する多数の資格の中から「色彩検定」をご紹介します。

 

色彩検定

色彩検定は、インテリアはもちろん、ファッションやディスプレイなど様々な分野での演出の基本となる色彩理論を学ぶ資格です。1級から3級まであり、色に関する基礎知識からカラーコーディネーションの基本的な考え方、商業ベースに活用できるカラーコーディネートまで、広く深く順を追って学べます。近い分野の資格にカラーコーディネーターがありますが、内容的にはそれほど大きな違いがないと思われます。

 

色彩検定は、1990年に「ファッションカラーコーディネーター検定試験」として始まり、2006年度からは文部科学省後援による『技能検定』となりました。「色に関する知識や技能」を社会的に評価する『尺度』として確実に社会的な認知を得ています。
 

  • 資格の種類:色彩検定
  • 受験資格:特になし。2級、1級から受験することもできます。
  • 資格運営団体:公益社団法人色彩検定協会
  • http://www.aft.or.jp/feature/

 

公益社団法人 色彩検定協会

日本の服飾文化の向上発展に寄与することを目的として1976年に全国服飾教育者連合会(All Japan Fashion Teachers)として発足。1986年に社団法人化され、2012年4月には「公益社団法人 色彩検定協会」へ名称変更。

 
 

※上記の情報は変更の可能性がありますので最新情報は必ず各資格運営団体までご確認ください。

 

 

インテリアコーディネーターのページに戻る

 

インテリアコーディネーターに依頼したい人はコチラ