menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

ラグジュアリーホテルのようにエレガントなリビング

ラグジュアリーホテルのようにエレガントなリビング

アイテム別価格:

  • 3Pソファ110,000円

  • オットマン30,000円

  • ダイニングチェア15,000円

  • ダイニングテーブル56,000円

  • テレビボード25,000円

  • リビングテーブル26,000円

ひとつの空間で色を使い分ける

転勤によるお引越しをきっかけにご来店いただいた女性お一人暮らしのお客様。

お休みの日は映画を見ながらワインを楽しんだり、お部屋でリラックスされることも多いとのことで、ホテルのような落ち着いた雰囲気のお部屋をご希望されていらっしゃいました。

フローリングや扉などお部屋の内装全体が白っぽい今回のお部屋。

家具のお色を全体的に暗めにすれば落ち着いた雰囲気は感じられますが、一方で圧迫感もでてしまい、お部屋が狭く見えてしまうのが悩みどころです。

そこで今回はリビングとダイニングでお色を変えるご提案です。

比較的、長いお時間を過ごすことの多いリビングに置くテレビボードとリビングテーブルにはダークブランを選ぶことで落ち着いた雰囲気を演出。

お食事をされるダイニングスペースは木目を感じられるホワイトウッドのテーブルにパープルのチェアを組み合わせることで、すっきりと見せつつ、エレガントさを感じられる空間にまとめています。

お部屋全体を同じお色で揃えることで統一感はうまれますが、このようにお部屋の広さや用途によって、あえてお色を変えることで理想のお部屋を実現できることもあります。

ちょっと暗めの天井照明をえらぶ

リビングでお仕事など長時間の作業をされることが無い場合、天井照明でお部屋を均一に明るく照らすのではなく、適用帖数よりも少し暗いものを選び、あえて明るさを抑えて暗めの空間にすることでホテルのような落ち着いた雰囲気を演出。

お部屋の隅など少し暗く感じられる場所をつくり、間接照明を置くことで周囲を柔らかく照らし、豊かな表情の陰影を楽しむことが出来ます。

生活するために必須のアイテムではありませんが、素敵なお部屋づくりには大切なアイテムです。

ダイニングに背を向ける形でソファを配置。


お部屋を緩やかにわけることで、空間ごとのお色の違いも気になりません。

条件で絞り込む