menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

お部屋に馴染むナチュラルシックインテリア

お部屋に馴染むナチュラルシックインテリア

アイテム別価格:

  • 2Pソファ200,000円

  • キャビネット147,000円

  • サイドテーブル60,000円

  • ダイニングチェア20,000円

  • ダイニングテーブル100,000円

  • デスク53,900円

  • デスクチェア56,000円

  • テレビボード178,000円

  • ワゴン36,800円

内装とのコントラストは控えめに

マンションのご購入を機にご来店いただいたファミリーのお客様から、「今持っているナチュラル色の家具が内装と合っていないため家具を一新したい!」というご要望を頂きました。

優先したいのは「内装に馴染む」こと。そして「すっきり」していること。

お部屋の床や建具にはウォールナットが使用されており、ナチュラル色の家具と合わせると確かに少し浮いてしまう印象。
そこで、家具に使う木材は全てウォールナット材に統一しました。
家具の色を内装にできる限り合わせ、コントラストを控えめにすることで「内装に馴染む」インテリアになります。

また、家具の形や、木材部分以外の色使いで軽やかさを出すことで「すっきり」したインテリアになります。
そのため今回は、ウォールナットとオフホワイトの組み合わせのデスクを選んだり、ソファ・チェアの座面をアイボリー系で揃え、家具の形も細身のものを選びました。

勉強スペースもリビングの一部に

お子様の勉強スペースもリビングに設けたいということで、リビングと隣接した奥のお部屋を勉強スペースにすることに。
仕切りのドアを全て開けると、リビングとつながりとても開放的な空間になります。

ただここで気を付けたいのは、リビング側との統一感。

お子様用の勉強机はナチュラル色が多いですが、ナチュラル色を入れてしまうと途端に統一感が薄れてしまいます。

そこで、大人用のシンプルなデスクをご提案。天板にウォールナット色・脚にホワイトを選び、リビングで使われている色と揃えることで違和感のない空間に。

また、お子様が成長されたら机を離して使えるようにと、机周りの収納は配置が変わっても対応しやすいキャスター付のサイドワゴンでご提案しました。

とにかくすっきりさせたいとのことで、当初はソファを置かないことも考えていらっしゃいました。ただ、ソファを置かないとお部屋が広い分とても寂しい印象になってしまいます。


そこでできるだけ開放感は失わないよう、お部屋の奥側にのみ肘がある片肘タイプで、背が低めのソファでご提案さしあげました。


そうすることで、開放感を失わずにバランスのとれたインテリアになりました。

条件で絞り込む