menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

一人でも、お友達を招いても、寛げるお部屋

KU04-24

普段はお忙しい一人暮らしの女性のお客様で、ご新居のご購入を機にご来店されました。

 

休日はお友達を招いてお料理をふるまうことができ、お一人のときにはソファでゆったり読書ができるような空間をご要望でした。

 

床や建具が白っぽい内装でしたが、もっと落ち着いた高級感のある空間にしたいということと、木の風合いがお好きということから、ウォールナット材の家具をメインにコーディネートしています。

 

KU04-19

 

家具のデザインはいずれもシンプルなものにし、カラーもウォールナットとベージュを基調にグレーを加えたベーシックな色合いにまとめていますが、ウォールナットの無垢材の質感、ダイニングチェアの張地の光沢感、ソファの張地の立体感や織り込まれた糸の複雑な色合いが、高級感と女性らしいエレガントさを演出しています。

 

ナチュラルな木の風合いを重視しつつも、素朴すぎたり野暮ったくならないような空間作りを心がけました。

ダイニング


以前にデザイン重視でチェアを選んだら座りづらかったというご経験から、座り心地を重視したご提案として、通常はホテルやレストランで使用されるタイプのダイニングチェアをお選びいただきました。

艶のあるモケット調の張地は触り心地が柔らかく、とても心地が良い素材になっています。

KU04-21

ダイニングテーブルはウォールナットの無垢材で、無垢ならではの重厚感が感じられます。チェアとテーブルはまったく別のメーカーですが、このように脚とテーブルの色味を合わせることで、統一感のあるコーディネートになっています。
寛ぎながらゆっくりとお食事できるダイニングとなりました。

KU04-20

テーブルウェアのティーポットやカップには、スタイリッシュなフォルムのものをご利用になることで、木目テーブルのナチュラルな風合いにモダンな要素が加わりコーディネートのレベルがアップしています。

KU04-22

ダイニング背面の壁は、グレー調のアクセントウォールになっていらっしゃいました。
無彩色のグレーが冷たい印象にならないように、ウォールステッカーを貼っています。

KU04-8

KU04-17

リビング


ソファはかなり硬めのしっかりとした座り心地がお好みで、ソファのショールームをいくつかご自身でご体感いただいたうえで選定しました。

ソファの座り心地を調整するため、奥行が深く低めの背もたれには大きな60cm角のクッションを配し、アームには木肘を取り付けてサイドテーブルとしてご利用になれるように、さらには脚の長さを長くして、ロボット掃除機もお使いになれるように、と様々なカスタマイズで特別仕様なソファになりました。

KU04-9

張地は170種類以上の中からお選びになっています。カラーはベーシックですが、織の立体感や織り込まれた糸の複雑な色合いが特徴で、表情豊かなソファに。
アクセントカラーになるクッションも、表面の光沢や糸の色が珍しいものをセレクトしました。

KU04-14

ソファのサイズをコンパクトにおさめたぶん、寛ぐシーンのためにソファと同じ張地のスツールもご用意。

KU04-10

大きなソファにしなかった事でお部屋を広々と感じる事もできて、贅沢な空間となっています。

KU04-3


ソファ向かいのTVボードは、ダイニングと同じウォールナット材のものをセレクト。
背が低く幅が広いものを選ぶことで、すっきりとした見た目にまとまっています。

KU04-23

TVの横は、お気に入りの雑貨を飾ることができるスペースにもなっています。

KU04-15

ソファの横には、TVボードと同じデザインのサイドチェストを配しています。
デザインを統一することで統一感がアップするだけでなく、細々とした小物を収納することもできて便利な存在です。

KU04-11

サイドチェストの上には、ホワイトのテーブルランプを設置しました。
シンプルなホワイトですが、本体の部分がガラスになっていて、モダンな要素が取り入れられています。

KU04-13

ベーシックカラーを基調として落ち着いた雰囲気を持たせつつ、女性らしさを感じられるお部屋になりました。

KU04-1