インテリアコーディネーター試験の一次試験は「インテリア商品と販売の基礎知識」と「インテリア計画と技術の基礎知識」の2科目あります。

 

両科目とも、5択問題からなるマークシート方式の試験です。1問の配点は10点。回答を2つ選ぶ問題は1つにつき5点となります。

 

合格点のラインは毎年の受験状況によって異なるようですが、インテリア産業協会から正式な発表はありません。

 

過去の受験者の感覚では低くて60%程度、高くて75%程度と幅があるようです。

 

しかし、80点、90点をとらなければいけないわけではないので、ある程度割り切って受験勉強をされることをオススメします。

 

また、2科目それぞれ各科目毎に独立的に合否が判断されます。

 

試験から登録までのスケジュール

 

一次試験の範囲と審査基準

 

二次試験の範囲と審査基準

 

インテリアコーディネーターのページに戻る

 

インテリアコーディネーターに依頼したい人はコチラ