menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

STYLICSページ | Facebook STYLICSページ | Instagram

カフェのようなヴィンテージ風リビング

カフェのようなヴィンテージ風リビング

アイテム別価格:

  • 2Pソファ65,000円

  • オットマン20,000円

  • キャビネット125,000円

  • シェルフ28,000円

  • ダイニングチェア23,000円

  • ダイニングテーブル60,000円

  • デスク85,000円

  • テレビボード76,000円

  • 天井照明23,000円

  • 本棚95,000円

  • 食器棚83,000円

ヴィンテージ感を出すには素材がポイント

男の子のお子様が2人いらっしゃり、お子様のご要望でリビングを流行の「ヴィンテージ風インテリア」にされたいというご希望でした。

ヴィンテージ風のお部屋づくりのポイントは、ラフ加工がされた木材や革素材、ツヤ感のないアイアン等が使われた家具で揃えること。

そうすることで、「ヴィンテージ風」という言葉から連想される無骨さや使い古された感じ、メンズライクなイメージを作ることができます。

今回は、インテリアの中に使う木材はラフ加工がされたアッシュ寄りのナチュラル色でまとめ、ソファやチェアの一部に革素材、アイアン素材を入れ込むことで「ヴィンテージ感」を演出しました。

リビングでも集中できる勉強スペースの作り方

お子様がまだ小学校にあがったばかりなので、勉強はリビングでさせたいとのこと。
誘惑の多いリビングで集中ができるスペースが作れるかお悩みでいらっしゃいました。

そこでリビングでも勉強に集中がしやすいよう、デスクの位置はテレビやソファなどのリラックススペースからは離れた場所で、なおかつお母様がキッチンで作業中でもお子様の様子が見えるよう、キッチンの正面に配置しました。

デスクの隣に背の高い観葉植物を配置することで、ひと続きの空間をゆるく仕切っています。

ソファスペースよりも家族の会話の中心になるダイニングスペースを広く取りたいということで、ソファは最小限の大きさでリビングの奥側に配置。

ダイニングとは背の低いオープンシェルフで仕切りひと続きの横長のリビングでもリラックスができる空間を作りました。

レンタルした場合のプランはこちら

レンタルプランへ

条件で絞り込む