menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

ワンルームのベッド・コーデ

ワンルームのベッド・コーデ

~インテリアコーディネーターが

プロの視点でコーディネートを解説します~

ワンルームだけど、友達は呼びたい!そんなとき気になるのがベッドです。ベッドって生活感が出やすい部分ですよね?都会の狭いワンルームでは、お部屋のほとんどがベッドみたいな印象になってしまうことも。友達に見せても恥ずかしくない、いや、見せたいくらいおしゃれなベッドをつくりましょう。今回は、スタイリクスでベッドリネンが人気の「fab the home」より、おしゃれなコーデーネート例をご紹介します。

ダークカラーにはホワイトで清潔感を


せっかくおしゃれな家具を揃えたら、ベッドリネンまでこだわりたいですね。まず、生活感を出さないために、一番上に掛ける掛布団カバーはダークなカラーや派手目の柄物にするのがおすすめ。ただしシーツまで、ダークなカラーにすると清潔感のない印象になることも。掛け布団だけおしゃれ重視のダークカラーにして、シーツはホワイトにするのがポイントです。


 


ニュアンスカラーで大人かわいい


ベッドリネンは、女性らしくしようとすると、花柄やフリル、リボンなどでかわいくなりすぎてしまうし、シンプルを狙ったら味気ない印象になってしまうし、大人の女性に合ったかわいらしさって難しいですね。そこで、おすすめなのが、やさしいニュアンスカラーの無地です。まるでマカロンみたいなかわいい色合いでも、無地だから、かわいすぎず、明るいカラーで清潔感も演出できます。


 


柄物は大柄が◎


柄物は、大きな柄がおすすめです。そもそもベッドってとても面積が大きいので、大きな柄でないと柄の主張がなくなってしまいます。定番のブルー系ストライプも、幅広のタイプを選ぶだけでこんなに洗練された印象に。こちらのファブリックはデコボコしたハニカム織りなので、春夏におすすめのさらっとした手触りです。ベッドリネンは、ハニカム織りやパイル、ダブルガーゼなど季節に合わせて、手触りにもこだわって選んでみてくださいね。





条件で絞り込む