menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

ファミリーのためのナチュラルモダンスタイル

KU05-1
KU05-2

ブラックのピアノをインテリアに馴染ませる

真っ黒なピアノは、ナチュラル色のインテリアの中では、浮いてしまいがちな存在。ここでは、黒いピアノを置くことを前提に、ブラックを差し色として繰り返し使用することで、「持っていたピアノはたまたまブラックだった」ではなく、「ブラックのピアノはお部屋に合わせて選んだもの」と思わせてしまうコーディネートにしています。ナチュラルなダイニングテーブルに合わせたダイニングチェアの脚はブラックに塗装、本棚もあえてブラックを選択しています。

ブラックの差し色で、木もファブリックもモダンに見える!?

ブラックという色はそれだけでモダンな印象があるので、ナチュラル色の家具をベースとしても、少しのブラックを使用することで、「ファミリーらしい明るいインテリアにしたいけれど、完全にナチュラルなインテリアも自分たちらしくない」と感じる家族にぴったりなインテリアになりました。レザーやガラスの素材感はもちろんモダンな印象のお部屋をつくるのには効果的ですが、「チェアやソファの張地はファブリックの方が肌触りがいい」「ガラス天板のテーブルは汚れが目立つからお手入れが面倒」というお声も多いものです。ブラックを効果的に使えば、木とファブリックの家具だけでも、モダンな印象をプラスすることが可能です。

シルバーの雑貨は小さな名脇役

カーテンやクッションのブルー、ラグのグリーン、そして差し色のブラックがとくに目立つコーディネートですが、実は雑貨で繰り返し使用したシルバーも使用された面積は小さいながら重要なアクセントになっています。お部屋にもう少しモダンな印象をプラスしたいときには、シルバーの小物が効果的です。

お子様のお友達が集まっても対応できるように、と広いリビングにはコーナーソファと大きめのラグで、リビングテーブルを囲んでお子様たちが座れるスペースを作りました。一方、ダイニングはお部屋の細長い空間へ。長いダイニングテーブルは既製品では奥行も大きくなってしまうので、細長い空間に合わせて、奥行をサイズオーダーできるダイニングテーブルをお選びいただきました。