menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

モノトーンで作る、ナチュラルモダン空間

白、黒、グレーとモノトーンの3色しか使っていないのに見所の多いこの空間。
自然素材を多く使ったそのインテリアは、ナチュラルなのに洗練された雰囲気が素敵ですよね。
 

今回は人気のナチュラルモダンスタイルをよりシックに仕上げるポイントをご紹介致します。
 

出典:http://www.planete-deco.fr/2016/01/19/sur-les-docks-a-goteborg/

 

ナチュラルとモダンのバランス

ナチュラルモダンと聞くと、『自然素材が多く、グリーンのようなアースカラーを主役にした空間』、といったイメージを持たれる方も多いかと思いますが、写真のようにモノトーンで作るスタイルにも人気が集まっているんです。
 
コーディネートのポイントは、ナチュラルとモダンのバランス。自然素材のフローリングには、単色ではなく数種類の木目を組み合わせたものを選べば素朴さの中にデザイン性が生まれますし、木製の脚を使ったアームチェアやコーヒーテーブルには、モノトーンをプラスすると洗練された印象に。飾り気のないライティングは黒でクールな印象にしたりと、1つ1つのアイテムの 素材・デザイン・色 に、ナチュラルとモダンを共存させるバランスがポイントです。空間にスタイリッシュさをプラスしてくれるアートも、床のナチュラルさに負けていませんよね。
 

控え目なコントラスト

空間にモノトーンを使う場合、白と黒の分量が多いとコントラストがきつすぎる場合も。これはモダン空間とは相性がいいのですが、ナチュラルさを壊してしまう可能性が。それを回避してくれるのが、グレー。黒と白の間に挟むとコントラストを和らげるだけでなく、ラフさやこなれた印象をプラスする効果も期待できます。
例えばアームチェアにグレーのクッションを入れると木製の脚との色の繋がりも良くなりますし、柄の多いソファー周りにグレーのクッションを足すと、見た目にも優しくなりませんか。モノトーンの柄ブランケットも、ラフに掛けると柔らかくナチュラルな印象になりますよ。
 

自然素材を使ったダイニング

モダンとナチュラルをバランス良く組み合わせたリビングに対し、ダイニングはよりナチュラルなエレメントにこだわった印象。デンマークが生んだ巨匠、ハンス・J・ウェグナー氏デザインのYチェアは、曲線が美しい北欧家具で、ナチュラルでありながらモダン空間との相性が良いことでも人気のアイテムです。
 

出典:http://www.planete-deco.fr/2016/01/19/sur-les-docks-a-goteborg/

 

ライティングでナチュラルとエレガントさを両立

リビング同様、飾り気のない電球は素朴な印象ですが、複数を組み合わせること、そして高さにアクセントをつけることで、ロングシャンデリアのような雰囲気に。ナチュラル家具が主役の空間に、モダンさとエレガントさをプラスしてくれるアイテムです。
 

グレーの使い方

自然素材が多い空間。モダンさを出しながら落ち着いた印象にまとめたい場合は、ここにもグレーを使うのがおすすめです。とくに面積の大きいカーテンにこの色を入れると、ニュートラルな雰囲気に。グレーには他の色を際立たせる効果もあるので、ダイニングセットがより引き立ちますよ。
 

モノトーンを使ったナチュラルモダン空間。人気のスタイルにぜひチャレンジされて下さい。