家具インテリア STYLICS
レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

「絵になる」カフェ風リビング

「絵になる」カフェ風リビング

異素材のミックスやテイストの「外し」がコツ?「絵になる」カフェ風リビングの作り方をご紹介します。

 

インテリアコーディネーターがプロの視点でコーディネートを解説します

~インテリアコーディネーターが

プロの視点でコーディネートを解説します~

カフェ風インテリアは、雑貨や本を飾っても、生活感がなく、かっこいい。その秘密は、「非日常」の世界だから。現代とは違うレトロな世界、未来を連想させるスペーシーな要素、絵本の中みたいな遊び心。生活感を消すために、「日常を隠す」のではなく、「非日常をプラスして」楽しむインテリアのスタイルです。レトロなカフェ風家具で独自の世界観を提案する家具ブランド「SWITCH」の家具でつくる、本気のカフェ風インテリアの魅力に迫ります。


1台ずつ張地違いのソファを並べて


二人掛けのソファ、2台の一人掛けソファ、全部デザインは揃っているけれど、張地はあえて変えてみる。これだけで楽しい雰囲気のリビングに。程よいミックス感がありながら、ごちゃごちゃして見えないのポイントは2つ。ソファの形は全部同じなので、リビングセット全体としてはまとまりがあること。張地は、2台は無地で、柄物は1台にとどめ面積の小さい一人掛けソファで取り入れていること。柄物も一人掛けなら、奇抜になりすぎず、ほどよいアクセントになってくれます。


1台ずつ張地違いのソファを並べて
http://book.switch-officialshop.com/catalog/



シャンデリアのミスマッチを楽しむ


ハイテーブル&ハイチェアのセットは場所をとらないので、カフェで座席を多く確保したいときには、よく使われるアイテム。それだけに、カフェやバーみたいな、商業施設っぽい雰囲気を醸し出してくれますね。ご自宅でもソファスペースを広くとりたいからダイニングはコンパクトにまとめたい、または、ワンルームだけどどうしてもコンパクトなダイニングを置きたい、という方には適したアイデアです。レトロで、素朴な印象のハイテーブル&チェアに豪華なシャンデリアを合わせてみる、「外し」のテクニックが個性的なこだわりのカフェっぽさを演出しています。


シャンデリアのミスマッチを楽しむ
http://book.switch-officialshop.com/catalog/



実用性をあえて無視してみる!?


カフェテーブルみたいな一本脚のシェルフ。背面も側面も板がなく、決して実用的ではありません。でも、非日常的なおしゃれ空間を目指すなら、こういう遊び心は意外と大切。オブジェのようなシェルフは、お部屋全体のアクセントになってくれます。お店をいろいろ見てまわって、飾る雑貨をあれこれ考えるのも楽しくなるシェルフです。




最後に一言
インテリアコーディネーター 小針
今回のコーディネーター
小針 千紘

カフェ風のインテリアにも、北欧風とか、アメリカのミッドセンチュリーとか、スペーシ―な雰囲気とか、いろいろありますね。お気に入りのカフェやショップの内装を参考に、お部屋のインテリアを考えるのも楽しいかもしれません。やりすぎて雑然としてしまわないように、ファブリックや家具のシルエット選びにはこだわることがポイントですよ。

このスタイルにお勧めのアイテム

夢を叶えるインテリアコーディネート
プロのコーディネーターがお部屋をオシャレに大変身!
大人のライフスタイルを作る家具選びをお手伝い!

友達や大切な人を誘えて新生活が楽しくなる!
何がすごいの?注目の理由 | スタイリクスのインテリアコーディネートサービス
詳しく見る
日本でも急増中!負担がグッと楽になる
清潔・安全な新品をレンタル/サブスクできるから、上質なインテリアが手軽に手に入る!

10万円分の家具も月額約3千円!先々、金利・手数料無料で買取・返却が選べるからお支払いがグッと楽で将来も安心。
詳しく見る
一般的な個人での依頼について解説
個人でインテリアコーディネーターへコーディネートを依頼する際の一般的な方法や注意点などを解説しています。
詳しく見る
一般的な費用相場について解説
一般的なインテリアコーディネート費用相場やインテリアコーディネーターへの相談料を解説しています。
詳しく見る