家具インテリア STYLICS
レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

アジアンインテリアのコーディネート

アジアンインテリアスタイルのリビングダイニング

アジアンインテリアやアジアンモダンインテリアのコーディネートは、リゾートホテルのような開放的でエキゾチックなくつろぎのお部屋づくりです。グリーンが多く取り入れられて、ナチュラルでリラックスした空間づくりが行われます。
 

飛行機に乗らなくても、アジアンスタイルのインテリアコーディネートで、あなたのお部屋もリゾートホテルに早変わり。早速その作り方のポイントを学んでいきましょう。
アジアンインテリアスタイルのベッドルーム

アジアンインテリアのフォルムと模様

アジアンインテリアのフォルムは、角に丸みのあるものが多い骨太のフレームでコーディネートされるのが特徴的です。このアジアンのフォルムを、やや丸みをおさえて直線的でシャープな形状の部分を増やしていくことでモダンな印象を作り、アジアンモダンインテリアに近づいていきます。他には、円状のフォルムもよく使用されています。
 
アジアンインテリアのデザインでは、装飾や模様が重要な役割を果たします。水草を編みこんだことで生まれる自然な装飾がよく使われます。木や石を彫った幾何学的な装飾のほか、金属彫刻の神秘的な装飾や格子柄のデザインもあります。模様としては、植物や象などの動物の柄もよく使われます。
 
アジアンモダンにしていく場合は、それらの装飾や模様を減らしていくことで、モダンな印象を強めていきますが、完全に無くしてしまうと、アジアンの雰囲気が失われるので、一部残すようにするのがポイントです。

アジアンインテリアスタイルの1LDK

アジアンインテリアで使われる色と素材


アジアンインテリアの木の色は、濃い色合いの系統と明るい色合いの系統があります。濃い色合いの系統には、ウォーターヒヤシンスなどダークブラウン系、チークなど茶褐色系、マホガニーなど赤褐色系があります。明るい色合いの系統には、ラタンなど明るい黄白色系があります。

素材感としては、アジアンモダンでは、比較的シンプルで木目を入れず、自然な印象を出すためには木目が見えるようにします。

明るさのトーンを統一するやり方はもちろんありますが、異なるトーンを組み合わせて、ダークな床に明るい家具を置いたり、逆に明るい床にダークな家具を置いたり、同じアジアンでも異なる雰囲気のお部屋を作ることができます。木の色の組み合わせを工夫することで、アジアンテイストの個性的なインテリアを作ることができます。

アジアンインテリアの色は、白やベージュの他、夕日のカラーを連想させるオレンジやレッド、プルメリアの花のような紫がかったピンクやホワイト、豊かに生い茂る青々とした植物を連想させるグリーンなども使われます。

淡いトーンの色使いにすると、落ち着きや静寂を感じさせることができ、ストロングで大胆な色使いにすると、よりエネルギッシュで刺激的な雰囲気を演出することができます。

素材は、フレームには木、竹、籐、麻、ウォーターヒヤシンスなどの自然素材が使われ、アジアンモダンではこれらにブラックアイアンが追加されます。ラフで無骨な仕上げにすることで、より本物感のある空間を演出することができます。

ファブリックアイテムは、コットンなどの天然素材で織られたものが多く、オーガニックな印象を空間にプラスしてくれます。

夢を叶えるインテリアコーディネート
プロのコーディネーターがお部屋をオシャレに大変身!
大人のライフスタイルを作る家具選びをお手伝い!

友達や大切な人を誘えて新生活が楽しくなる!
何がすごいの?注目の理由 | スタイリクスのインテリアコーディネートサービス
詳しく見る
日本でも急増中!負担がグッと楽になる
清潔・安全な新品をレンタル/サブスクできるから、上質なインテリアが手軽に手に入る!

10万円分の家具も月額約3千円!先々、金利・手数料無料で買取・返却が選べるからお支払いがグッと楽で将来も安心。
詳しく見る
一般的な個人での依頼について解説
個人でインテリアコーディネーターへコーディネートを依頼する際の一般的な方法や注意点などを解説しています。
詳しく見る
一般的な費用相場について解説
一般的なインテリアコーディネート費用相場やインテリアコーディネーターへの相談料を解説しています。
詳しく見る