menu menu
家具インテリア STYLICS
レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

ドアの色が濃くても明るい部屋へ

ドアの色が濃くても明るい部屋へ

アイテム別価格を表示する 

  • 3Pソファ86,020円

  • オットマン28,930円

  • サイドテーブル17,050円

  • ダイニングチェア13,200円

  • ダイニングテーブル60,500円

  • ベッド228,800円

アースカラーで濃淡のメリハリを中和させる

戸建てを購入された、3人家族のお住まいをご相談をいただきました。

床の色は明るいものの、ドア類の色がどれもダークブラウンなことでお部屋の印象を暗く感じることが気になっているとのこと。

小学生のお子様がいらっしゃり、できる限り明るく、家族でゆったりとくつろげるようなお部屋作りをされたいというご希望をいただきました。

お部屋に統一感を出すためには家具と内装の色合いを揃えるのが基本となりますが、色が濃いダークブラウンに家具の色を合わせてしまうと、お部屋の明るさよりも、落ち着いた雰囲気の方が勝ってしまい、人によっては暗く感じてしまう事があります。

そこで、特にメインとなるリビングの家具の色は明るい床色のナチュラル色に合わせて、全体のトーンを明るく統一しました。

色が濃いドア類の色が浮いてしまわないように、ダイニングチェアやクッション、カーテンに、彩度が低いアースカラー(黄緑・黄色・茶色など)を多く使って、明るいナチュラルな雰囲気と、ダークブラウン色のドア類の中和を図りました。

ランチョンマットなど小さい面積にダークブラウンを取り入れると、よりドアのカラーと馴染ませることができます。

部屋ごとにインテリアの雰囲気を変えてみる

お部屋によって木素材の色を変えること、お部屋ごとに違ったインテリアの雰囲気を楽しむこともできます。

お客様が「暗く感じる」と感じられていたダークブラウンも活かせるように、大人が使う事がメインになるご夫婦のご寝室は、ダークブラウンを貴重として、ベッドリネンやカーテンも、ダークトーンの色合いに統一しました。

落ち着いた雰囲気のご寝室にまとまり、リビングとは違った表情をお楽しみいただける空間にもなりました。

日中はリビングで明るい雰囲気に囲まれて過ごし、夜はダークブラウンの落ち着きある雰囲気でゆっくりと休む。「気持ちの切り替えができる」と、お客様からお喜びの声をいただきました。

リビング2つの掃き出し窓の間に、アイキャッチとなるフロアランプを設置しました。


ソファの向きはダイニングに背を向けてしまいますが、このフロアランプがリビングとダイニングの中間にあることで、2つの空間がゆるやかに繋がり、1つの空間に感じられます。

このお部屋に似合う家具

このお部屋にお勧めの雑貨

レンタルした場合のプランはこちら

レンタルプランへ

コーディネートを探す