家具を選ぶ前に「お部屋のイメージを設計」それがスタイリクス流

 

IN24-5

家具の失敗で最も多いのが、サイズ。展示とお部屋ではサイズ感が大きく変わり、採寸しても入った時の印象まではわからない。

 

 

さらに家具選びを難しくしているのが家具の組合わせ。一緒に配置した際に色やデザインが調和しているのかイメージしにくい。

 

YU17-4

それらを解決するのが3Dシミュレーション。

 

スタイリクスは最も早くから取り入れ、1万組を超すお客様に「わかりやすい」とご好評を頂いてきました。

 

他の家具店では、家具を選んでからシミュレーションして、レイアウトだけ決めるようなケースが殆ど。

 

yu20_3dmaking2_350

スタイリクスはお部屋のコンセプト作りの段階から活用する独自のスタイル。

 

悩ましいレイアウトも解決しつつ、最適な条件を導き出してから選ぶという合理的なアプローチを生み出しています。

 

 

インテリアコーディネート相談/依頼に戻る