menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

梅雨の晴れ間に!インテリアファブリックをさっぱり丸洗い!?

梅雨の晴れ間に賢い洗濯!

洗濯する頻度の少ないカーテンやラグなどのインテリアファブリックって、どうやってお手入れしたらいいのか悩みますよね。
下手に洗濯して、型崩れや質感の変化が起こってしまうのは避けたいところ。
 
そこで今回はインテリアファブリックのお手入れのポイントをお届けします!
梅雨の晴れ間に、スッキリさっぱり丸洗い♪
来る夏、快適に過ごせるように、そして、まだそこまで暑くないこの時期にやっておくのが賢い選択ですよ。
 

 

◆カーテン

カーテンを洗濯しよう
さぁ、まずはカーテンから!
気付いたら購入以来、ずーっと掛けっぱなしになっていませんか?
 
特にレースカーテンは、湿度・気温が高いこの時期カビが生えやすかったり、ダニやホコリの溜まり場でもあり、実は意外と汚れているものです。
早速、お洗濯しちゃいましょう!と、その前に・・・
 

  • まずは、「洗濯絵表示」を確認しましょう

洗濯絵表示
 
「洗濯絵表示」で洗濯が可能となっているものは、ご家庭で丸洗いが出来ます。
丸洗いOKか確認できたら、カーテンをレールから外しましょう。
 

◆洗う
カーテンの畳み方

レールから外したカーテンは、じゃばら状に畳んで四角く畳んでネットに入れます。
ぐちゃっと入れずに、こうすることで隙間ができ、水が寝具全体に行き渡ります。
 
シワを防ぐためにも、きちんと畳むことがポイント!
また、畳むことで、全体の汚れを浮き上がらせてくれるんだそうですよ。
 
準備ができたら、時短も節水もできるスピードコースで1度だけ洗濯します。
レースカーテンなら、水が通る様に畳んでいれば軽く洗えば十分ですし、
繊維を損ねないためにもスピードコースがベストです。

 

◆干す
干す時はそのままカーテンレールへ吊るしてシワを伸ばします。
元通りレールに吊るせば、丸見え状態も短時間で済みますね。
 

  • ご家庭で洗えないときは・・・

困ってしまうのは、ご家庭で洗えない場合。
こういうときは、クリーニングを利用しましょう。
 
お店によっては、当日仕上げのカーテンクリーニングのサービスがあります。
さらに、ご自宅へ朝取りにきてくれて、夕方には納入してくれる集配サービス、取り外し・取り付けまで行ってくれるサービスもあるそうですよ。
 
厚地のカーテンは、自分で洗うには勇気がいる・・・
せっかくのオーダーカーテン、美しく仕上げたい・・・
忙しくて洗濯する時間がない・・・など、そんな時にはクリーニングが便利です。
レースカーテンはご家庭でお洗濯、ドレープカーテンはクリーニング、と使い分けもおすすめですよ。
 

◆寝具

寝具を洗濯しよう
 
うっかりすると、寝具にもカビの恐怖が忍び寄るこの季節。カビやダニを防ぐには、こまめなお手入れが欠かせません。特にたくさんの汗を吸収するシーツ類は、夏場は週に1度は洗濯しましょうね。
 

◆洗う
寝具の畳み方

かさばる寝具も、カーテン同様じゃばら状に畳んで洗濯機に入れます。
また、使用する洗剤は中性洗剤にしましょう。

 

◆干す
寝具の干し方

ポイントは、「強い直射日光を避けて干す」こと!
たっぷりお日さまに当てて干すと、とても気持ちがよいものですが、強い直射日光はできるだけ避け方が◎
 
強い紫外線は寝具などの繊細な繊維に悪影響で、どうしても素材の持ちが悪くなったり痛みやすくなります。お気に入りの寝具はなおさら、カンカン照りの下に干すのは避けてくださいね。
また、寝具は2本の物干をまたいだM字干しがおすすめですよ。

 

◆マットレス
干せないし、洗えないし、特にカビが生えやすいマットレス。
カビを予防するお手入れのコツはこちら!
 

  • 朝起きたら、掛け布団や枕をベッドから下し、湿気を逃がすようにしましょう。
  • マットレスとベッドフレームの間に風を通しましょう。
方法はカンタン!高さ15~20cm程度の空き箱(靴の空き箱など)を、マットレスとベッドフレームの間に挟むだけ。週に1回くらいはこうして風の通り道を作ってあげると、湿気を放出できます。
  • マットレスの向きを変えましょう。
人間が汗をかくのは下半身よりも上半身の方が多いんです。
だから、いつも同じ向きで使っていると湿気が溜まる場所が偏ってしまいます。
天地を返すことで、偏りを解消!カビの予防に役立ちます。
マットレスの向きを変えるのが難しい一人暮らしはの方は、寝る自分の向きを変えてみるのも手ですよ。

 

◆ラグ・カーペット

ラグ・カーペットを洗濯しよう
 
ラグやカーペットも、ご家庭で洗濯が可能な商品もあるので、洗濯絵表示を確認してみましょう。
ラグやカーペットは、掃除機によるメンテナンスが基本ですが、皮脂や繊維奥の汚れまではなかなか取れません。洗えるものは、丸洗いでスッキリしましょう!
 

◆洗う
お役立ちアイテム「歯ブラシ」

もしも、目立つ汚れがある場合は、予洗いしておきましょう。
汚れている部分にあらかじめ液体の中性洗剤をつけて、不要になった歯ブラシ等で軽く叩いておきます。
そのあとは、洗濯機の「大物洗い」コースなどで寝具と同じ手順で洗います。

 

◆干す
干すときは日陰干しで!
干し方は寝具同様M字干しをして、途中で裏返すようにしましょう。
小さいものであれば、ピンチハンガーを使ってM字状に干すでもOKです。

 

 
せっかくのインテリアも汚れていては台無し。
きちんとお手入れすれば、見た目も気分も爽快です♪
 
そしてお手入れするも、「そろそろ替え時かな~。。」となってしまった場合は、ぜひスタイリクス新宿店までお気軽にご相談ください。
ラグやカーテンの模様替え、マットレスのお入替え、そういったご相談も承りますよ。