シャンデリアの選び方

現代のシャンデリアは、多くはペンダントライトの1種で、天井からコードやチェーンでつり下げて使います。

そのため、まずは天井高を確認することが必要です。

例えば最近のマンションでの一般的な天井高は250cm程度で、頭上に多少の余裕を持って考えると、少なくとも200cmくらいは必要になりますから、シャンデリアのサイズとして、線と本体の長さが50cm以内でないと吊ることができません。

シャンデリアと言ってイメージされやすい豪華な印象のものは、殆どこれより大きくなりますので、そういった類のシャンデリアは一般家庭にはなかなか入れづらいことになります。

そのため、お部屋にどうしても欲しい場合は、ダイニングテーブルの上などで着座の目の高さよりちょっと上くらいまで下げられるような場所に設置することになります。

ただし、その場合も、今度は取付が可能かの確認が必要です。通常は引掛けシーリングが天井にありますので、構造的にここにつけられるかと、耐荷重が大丈夫かを確認します。

輸入ものは、装飾用のカップになっていて、引っ掛けシーリングにうまく設置できない場合が多いので気をつけましょう。

これらの問題を解決して、もっと手軽にシャンデリアを楽しめるように、国内のメーカーから小型のシャンデリアも増えてきています。

価格的にも一桁、二桁違う、数万円で買える物ですので、チャレンジしやすいです。

注意点としては、シャンデリアの明るさは、シーリングライトなどに比べてかなり暗めです。単体で使うのではなく、他のライトと合わせて使う事で、明るさの確保と、シチュエーションに応じたムードの切り替えなどに対応したいですね。

こちらのページでは、一部のみ紹介させて頂いていますが、大きなシャンデリアを含めて、他のアイテムも検討してご購入をお考えでしたら、インテリアコーディネーターにご相談下さい。他の家具や照明、カーテンなどと合わせてご提案させて頂きます。