menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

暮らしに花を!インテリアと花を楽しむポイント(1)

flower1thumb

花がある暮らしのススメ

花を見ると、心が和んだり、つい笑顔になったり
きれいな花が視界にあるだけで、不思議と活力が湧いてきますよね。
 
もちろんインテリアとしても、お部屋の雰囲気づくりに欠かせない花々。
以前ご紹介したコーディネート実例でも、花があるだけで大違い!

コーディネート実例

スタイリングをしてみて、しみじみと花の存在の大きさに気付いたスタッフ。
 
そこで、今回から3回にわたって、インテリアのテイスト別に、この季節に楽しめる花や、花を飾る際に知っておきたいあれこれをお届けします。
 
まずは、インテリアのテイスト別におすすめの花をご紹介!
 

シャビーシック

使い古されたなかにある品や優雅さが特徴の「シャビーシック」
上品で味わいのあるアンティーク家具が特徴。ガーリーな面と大人っぽい面をあわせ持ち、多くの女性に支持されている最近のトレンドともいえるテイスト。
シャビーシック
白を基調としたシャビーシックなお部屋には、こんなお花、いかがでしょう。
 

◆ミモザ◆

ミモザ

ふわふわの花がかわいらしいミモザ。
白い花や、花器にもリボンを巻いたりして白を取りいれると、よりシャビーシックなお部屋になじみますよ。

【花言葉】: 豊かな感受性
【豆知識】: 3月8日は「ミモザの日」。イタリアではこの日、男性が日ごろの感謝を込めて女性にミモザを贈ります。そのためこの日は街中にミモザの花が溢れるそう。
【花もち】: ☆☆(切り花のつぼみは咲きにくいので、開花しているものを選ぶのがオススメ!)

 

◆アネモネ◆

アネモネ

もし花を飾る場所がない時には、リースがおすすめ。
濃い色のアネモネは、白い家具に映えるので、インテリアとしてもお部屋のアクセントになりますよ。

【花言葉】: 君を愛す
【豆知識】: 花びらのように見えるのは、実はガク。八重や大輪などさまざまなタイプとブルーやピンクなどいろんな色をを選べますよ。
【花もち】: ☆☆☆

 

◆ラナンキュラス◆

ラナンキュラス

薄い花びらが幾重にも重なった花の姿は、主役になれる存在感。
こんなふうに上からぶら下げて飾れば、もはやインテリアの一部ですね。

【花言葉】: 晴れやかな魅力
【豆知識】: 赤やオレンジ、緑など花色が豊富で、白とピンクのミックスなどの複色系や花びらがカールしているものなど、バリエーションも充実。
【花もち】: ☆☆☆

 

 

エレガンス

上品さと優雅さを兼ねそなえた「エレガンス」
他のテイストより、一層「優雅」さが際立つテイスト。上質かつ女性らしさを感じさせるデザインの家具を取り入れ、全体的に明るくやわらかい色を多く使っているのが特徴。
エレガンス
優雅なエレガンステイストのお部屋には、こんなお花、いかがでしょう。
 

◆シャクヤク◆

シャクヤク

「立てば芍薬・・・」と言われるように、気品あふれるその姿はエレガンステイストにぴったり。
あえてビビッドな色を取り入れれば、お部屋のアクセントとして華をそえてくれます。

【花言葉】: はじらい
【豆知識】: 出回る時期は4月頃~ともうちょっと先。見た目がよく似た「牡丹」は木に属しますが、シャクヤクは草に属します。
【花もち】: ☆☆☆

 

◆パンジー◆

パンジー

庶民的で馴染みのあるパンジー。
エレガンスには意外かもしれませんが、気取らない雰囲気にしたい時や、カジュアルダウンしたい時におすすめですよ。

【花言葉】: 純愛
【豆知識】: 紫や黄色が定番ですが、ピンクやオレンジもあるんです。庭植えが主流なので、庭で育てたものをお部屋に飾る、なんていうのも素敵ですね。
【花もち】: ☆☆

 

 

花を選んでみよう

いざお花屋さんに行ってみると、どの花もきれいでつい目移りしがち。
どれを選んでいいのか迷ったら、次のポイントをチェックしながら選んでみましょう。
 

◆花の種類の決め方◆

  • 目的に合っていますか?
    飾りたい場所の雰囲気に合っているか、それを生ける花器があるか、ちょっと考えてみましょう。
    香りの強い花は、飾る場所を選んだ方が良い場合もありますね。
  • 花もちはそろっていますか?
    咲き終わったものから抜いていくことになるので、できるだけ花もちが揃うように組み合わせを考えましょう。
    そうすれば、後で全体のバランスが悪くなるのを防げますよ。
  • 相性の良い組み合わせですか?
    「センス無いから。。」と思ってる方でも大丈夫!
    花は一般的に次のように分類されます。
    それを意識して、各カテゴリーから少なくても1種類ずつ入れると、バランスよくまとまるんです。意識するだけで全然ちがいますよ♪

 

  • 切り花の分類

ラインフラワー
○ラインフラワー

アレンジの高さや横幅を決める役割を担い、アウトラインとなる花。
丈が長く、茎がしっかりしているものが適しています。
【例】デルフィニウム、リンドウ、キンギョソウ

 

フォームフラワー
○フォームフラワー

花の形がユニークで存在感があり、アレンジの主役になる花。
特に花びらが1枚でも欠けると美しさが損なわれる可能性があるものを指します。
【例】アンスリウム、アマリリス、カラー

 

マスフラワー
○マスフラワー

一輪咲きのバラやキクのように、たくさんの花びらが集まって、全体としては丸い形となる花。フォームフラワー同様、アレンジの主役になります。
【例】バラ、キク、ダリア、ガーベラ

 

フィラフラワー
○フィラフラワー

花と花の間のスペースを埋める役割を担う花。
主として枝が細かく分かれ、小さな花をつけるものが使われます。
【例】カスミソウ、スターチス、ソリダコ

 

 

◆花の色味の決め方◆

色も印象を決める重要な要素!
同じ種類の花でも、いろんな色があるので迷ってしまいますが、上手にまとめるためには、次の組み合わせパターンを意識するといいですよ。
 

  • 色の組み合わせパターン

色の組み合わせパターン
○同系色
濃い黄色と薄い黄色というように、同じ色合いで濃淡が異なるものを組み合わせます。
もっとも取り組みやすく、初心者にもおすすめです。
 

○類似色
赤とピンクというように、似ている色味を組み合わせます。
統一感が出て上手くまとまるので、失敗が少ないといえます。
個性を出したい場合は、質感の違う花を組み合わせてみましょう。
 

○反対色
黄色と青紫というように対極にある色の組み合わせです。
インパクトの強い作品に仕上がりますが、バランスを考えないと不自然なイメージになってしまいます。
 
 

いかがでしたか?
「花を選ぶのって難しそう。。」というイメージも、ちょっとしたコツをつかめば、センスの良いアレンジをご自身で楽しむことができますよ。
 
次回はアジアン、カントリー編と、実際に花を購入する際のポイントをご紹介します。
ぜひ暮らしに花を取りいれてみませんか?
 

【出典】花屋さんの花 楽しむ図鑑

 

花器はお持ちですか?

せっかく花を選んだら、お洒落な花器に飾りたい!
スタイリクスのオススメは、花が引き立つシンプルなボーダーデザインのフラワーベース。
全部で5種類のサイズをご用意しておりますので、どんな花でもサマになりますよ♪

フラワーベース/オマジオ/ブラック

フラワーベース/ハンマースホイ/ミント

フラワーベース/ボタニカ/ミニチュア

他にもいろんな種類のフラワーベースをご用意しています。
ぜひのぞいてみてくださいね!



INDEX



第1話「シャビーシック・エレガンス編/花を選んでみよう!」

第2話「アジアン・カントリー編/花を選んでみよう!

最終話「シックモダン・和モダン編/花を飾ってみよう!