menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

Point 5. 気づかなかった、ではすまされないお部屋での下準備

 
 
仕様を決める際には
 
器となるお部屋をチェックしておきましょう。
 
構造的な仕様を考えるにあたって、
 
『動きやすく使いやすい安全な家具配置』
 
という視点が必要です。
 

これを怠ると、扉の開く向きが反対で使いにくかったり
 
その扉に人がぶつかったり、配膳まで遠かったり…
 
と過ごしやすいお部屋にはなりません。
 
簡単なのは、間取り図を置いて、お部屋の動線を書いてみること。
 
 
そして、実際に使っているシーンをイメージしてみましょう。
 
 
「こっちから来るわけだから、ここに引き戸があってはまずいな」とか、
 
「ここは背面もちゃんと仕上げてあるものじゃないとまずいな」とか、
 
色々なことに気づくことでしょう。
 
 
次回は 「Point6 座り心地にだまされるな!」についてお話をします。