menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

カーテン選びのステップ

新しい生活を始める時にはもちろんのこと

お部屋の雰囲気を変える方法として大きなファクター。

 

それは「動く壁」ん!?

 

いえ、本物の壁ではなくて

壁のような位置づけでありながら動かすことのできるもの。

そう、カーテンです。

 

シックなお部屋にしたいのか

ロマンティックな雰囲気にしたいのか。

カーテンはお部屋の中でも大きな面積を占めるものなので

慎重に選びたいですね。

 

でも…、カーテン選びの決め手は???

今回はカーテン選びのコツを一つ♪

 

まずは【カーテンの用途を絞り込みましょう!

 

・日光調節のためにつけるのか

・防音効果のためにつけるのか

・プライバシー保護のためなのか

・デコレーション用なのか

 

窓の外の環境も考えつつ、しっかりと見極めるのが大切。

 

これを忘れるとせっかくのカーテンが

役立たずになってしまうのでご注意を!

 

そして【部屋の方角も考慮に入れて!

 

例えば

寝室に東南向きの窓がある場合には

裏地に遮光機能のある布地をセレクトして

北側の部屋には、寒色を避けるのがベター

暖色系カラーで暖かみを演出しましょう

 

ただし、不必要に機能性を重視し過ぎると

選択の幅が狭くなるので程々に。

 
 

さあ、上記の2つのポイントを考えた上で

いよいよ【ファブリックを決定しましょう!

 

壁、天井、床の次に面積の広いカーテンは

お部屋のイメージに大きく影響しますから

まず、自分の作りたいお部屋のイメージを明確にします。

 

その時に、壁や柱、床、窓枠と共に

既存の家具との調和にも気を付けたいですね。

 

てっとり早いのは、インテリア雑誌で

近いイメージのお部屋を見つけること。

よくヘアスタイルのイメージを

美容師さんに伝えるのにする方法ですね。(^_^)

 

その後ショールームやショップに出向き

気に入った色や柄、素材を見つけるのですが…

 

ひとつひとつの小さなな柄がかたまりになって

大きな柄になっているデザインになっていたり

さまざまな色が絡み合って

近くで見た時の印象と違った印象になったり

と、カーテンは近くで見るのと、離れて見るのとでは

まったく違って見えてくるものなのです。

 

サンプルなどを机の上で見ながら選んだ後は

2~3メートル離れてチェックすることを忘れずに!

離れて見てみると、色の印象も違ってくるもの。

 

一つの生地でも様々な色が使われていて

それらの色の混合から受ける一番印象的なカラーが

そのカーテンの色になります。

気に入ったファブリックをいくつかに絞ったら

ちょっと離れてみたり、近くから見てみたり。

 

更に数歩分離れてみて、印象を確かめてみたりと

足も使って見てみるのが、賢いカーテンの選び方。

 

カーテンの着替えにはしっかり足を使って下さいね♪