menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

縦長リビングの海外風コーディネート

空間をコーディネートされるとき、最初に検討されるのは家具の配置ではないでしょうか。
それによって空間が広く見えたり狭く見えたり、使い勝手も変わってきますし、楽しい作業であると同時に頭を悩ませることも多いですよね。
 

例えば写真のような縦長リビング。
横幅の狭さを感じさせないインテリアは、どこか海外のタウンハウスを思わせるアーティスティックな空間に仕上がっていませんか。
 

今回はそんな空間の作り方のポイントを探ってみましょう。
 

tatenaga_living

出典:http://theultralinx.com/2015/11/20-examples-of-minimal-interior-design-15/

 

厳選された家具とそのバランス

スペースに余裕がない場合でも、お気に入りの家具は思い切って入れるのが正解。ただし多くを入れると圧迫感が出てしまうので、例えばアームチェアを入れたい場合はコーヒーテーブルを置かないなど、家具を厳選されることをおすすめします。
写真のようにオットマンを一時的にテーブルとして使用するのも真似したいアイデア。既成概念に囚われない潔さは、個性として活きますよ。アームチェアを斜めに配置するやり方もラフさと動きが出ますし、スペースの有効活用になるのも嬉しいですよね。
色はモノトーンを使うとすっきりとした雰囲気に。黒は部分的に取り入れて、白の分量を増やすと軽い印象になります。白と黒の家具を交互に配置すると、よりバランスが良くなりますよ。
 

部屋の奥にフォーカルポイントを作る

お部屋の中で最も視線を集める場所、それがフォーカルポイント。空間の奥にフォーカルポイントを作ると奥行きが強調され広々した印象になるので、縦長空間では特に効果的です。
スペースに余裕がない場合は、壁にアートを飾ってフォーカルポイントにしてはいかがでしょうか。場所を取らずに、非日常感とアーティスティックな雰囲気を生んでくれますよ。
写真のようにハンモックを入れるのも個性的。ロープの位置を高くすることで目線を上げる効果も期待できます。
 

主張しすぎないライティング

シンプルなモノトーン家具を使った空間では、ライティングでアクセントを入れたいところ。ですが圧迫感に繋がるのは避けたいですよね。
その場合のポイントはシェードの高さと大きさ。
シェードの位置を高くすると空間に余裕が生まれますし、デザイン性のあるものでも小さければ空間を邪魔しません。写真のようにシェードを使わないという選択肢もアリ。見た目にも個性的ですよね。
 

空間の特徴を活かしたインテリア。見た目の美しさにもこだわって、楽しまれて下さい。