menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

おしゃれなワンルームの作り方

成功のカギは“コンセプト”

成功のカギは“コンセプト”

もうすぐ始まる新生活。
この時期、ワンルームマンションにお引越しされた方も多いのではないでしょうか?
 
けれど、狭いワンルームを広く見せ、おしゃれに演出するのって難しいですよね。
 
そこで、今回はワンルームをおしゃれに、より快適な空間作りのポイントを伝授いたします!

 

◆自分なりのコンセプトを作ろう

おしゃれなお部屋作りで大前提となるのが“コンセプト”。
ワンルームだと空間が限られているので、なんでも入るわけではありません。
だからこそ、お部屋のコンセプトをしっかり持ち、家具を買う際には、コンセプトに立ち返りながら優先順位を決めることが大切なんです。
 
たとえば・・・
帰って寝るだけの生活だから、寝る空間が快適な方がいいという場合はベッド中心の『シンプルなくつろげるナチュラルなお部屋』
趣味の道具が多いなら、収納の多い『おしゃれで広く感じるモダンなお部屋』
といったような具合です。
 
家具選びに失敗してしまうのは、コンセプトが曖昧なまま、なんとなく、で決めてしまっているから。 
こうした自分のライフスタイルに合ったコンセプトを明確にした上で、それに合う家具を選ぶと上手くいきますよ。
 

 
 

◆レイアウトのポイントは?

では、実際にコンセプトに基づいた家具を選んだら、どのようにレイアウトしたらいいのでしょう!?
 
キーポイントは「ベッド」。
ワンルームでは、最もスペースをとるであろうベッドの配置を最初に決めてから、他のものを決めていくと◎
 

  • ベッドの配置は、扉から離して、反対側に配置すると部屋が広く見えます。
    また、一般的には、ベッドの長いほうを部屋の長い辺と平行に配置すると収まりが良くなりますよ。

 

 

狭い部屋を広く見せるテクニック

 
ベッドを決めたら、細かい部分を詰めていきましょう。
実は、狭い空間を広く見せるテクニックがいくつかありますので、ご紹介します。
 

  • 家具は高さが低いものにする
  • ベッドはヘッドレスでロータイプがおすすめ
  • ガラス素材を取り入れる
  • 部屋の長い方向と平行にレイアウトする
  • 四角形より楕円形を使う
  • 白など明るい色を使う、もしくは床の色に近い色を使う

 
ずらっと挙げてみましたが、明るい色を使ったり、テーブルを楕円形に替えてみたり、ちょっとしたチェンジなら、すでに出来上がっているお部屋にも取り入れやすいですね。
 
ちょっとしたテクニックを知っているか知らないかで、お部屋の完成度には雲泥の差が。。
せっかくだったら、快適なお気に入り空間にしたいですよね。
 
まずはどんな部屋にしたいかイメージを固めて、上記を参考にしながら、お部屋作りを楽しんでくださいね♪
 

 

雑貨で変わる!お部屋の印象

雑貨で変わる!お部屋の印象

「こんなにあったか」と思わず驚く、新生活に必要な雑貨たち。
家具はこだわったものの、雑貨は急いで調達したありあわせ、、なんてこともあるあるですよね。
 
けれど、お部屋の印象を左右するのは、意外にもこうした雑貨たち。
ちょっとした雑貨まできちんとコーディネートされていると、お部屋の雰囲気がより高まります。
 
今回のお部屋に使っている雑貨は、オンラインショップからご購入可能なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

◆コーディネートされた雑貨はこちら