menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

家具の素材を知って賢く家具選び4

シリーズでお届けしている「家具の素材」

 

今日のテーマは、「ブナ(ビーチ)」です。

 

★家具の素材~最も種類が多い木の家具


◎ブナ(ビーチ)の木の家具

 

~家具のメジャー木材「ブナ」

ブナは、日本では東北を中心に、 広葉樹として最も多く蓄積されています。

英語ではbeech(ビーチ)と呼ばれ、アメリカやヨーロッパにも、それぞれ異なる タイプのビーチがあります。

材質としては、重くて硬い一方、 曲木加工に適した性質を持ち、 家具の他にスキー板などにも使われます。

 

ただし、水分を含んだままの状態では 狂いが出やすい材質で、乾燥などの処理を しっかり行う必要のある木材でもあります。

色は、白木に近い薄い黄色から 少し赤みを帯びた木の色で、 明るい色合いの木が好きな人に適しています。

 

供給量が多く、ベニヤ材にも使われる事から、 最もよく見かける、ある意味「木」らしい見た目で、 薄い木目に加えて、小さな放射状の斑点が現れます。


スキー板と家具が同じ木で作られていたって知ってました?

「ブナ」普段あまり耳にする事のない名前ですが きっと皆さんも毎日どこかで接しています。

 

次回 「家具の素材を知って賢く家具選び5」では、

「タモの木」についてお話します。

お楽しみに♪

 
多くの家具の中から自分にぴったりの家具を探すならSTYLICSのインテリアコーディネート