menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

家具の素材を知って賢く家具選び2

前回からお届けしています

「家具の素材」シリーズ。

 

今回から、「木」の素材についてお話ししていきます。

 

★家具の素材~最も種類が多い木の家具


皆さんは、家具に使われている木の種類を

いくつ知っていますか?

名前くらいは・・・というのを入れても、

それほど多くないのが普通ですよね。

建物や家具などに材料として世界で使われている

木材の種類は細かく分けると300種類以上もあるんです。

 

表には出てこないけど、材料として粉々になって活躍する木。

木目を見せる為に薄く削られる貴重な木。

昔は使われていたけど現在は使われなくなった木。

外国ではよく使われているけど日本ではマイナーな木。

種類と同時にその使われ方や性質も様々。

 

ここでは、その中から、日本の家具でよく使われている木を

ピックアップして紹介します。

 

◎ウォールナットの木の家具

 

~世界的な高級材「ウォールナット」で、美しい木の家具を

ウォールナットはアメリカやカナダでとれる

クルミ科の落葉広葉樹。知名度も高い美しい木材で、

マホガニーやローズウッドと並ぶ高級材とされています。

木の物理的な性質としても大変優れています。

硬く狂いが少ない上に衝撃に強く、加工性も良いので、

家具や住宅用の木材の他、工芸品や楽器などにも昔から

使われてきました。

 

ウォールナットの特徴は、高級感のある色調と不規則に出る

濃淡の縞が生み出す木目の美しさ。

褐色の中に紫色が溶け込んだ色合いが世界中の多くの人を

魅了しています。

 

木の中心からの距離によっても色の変化があり、

自然な木の生きた感覚を訴えてきます。

しかも、ステインによく馴染むので美しく艶を出す事が

できます。


木の美しさを引き立てるインテリアコーディネートを

したいですね。

インテリアコーディネートのご相談はコチラ
 

次回 「家具の素材を知って賢く家具選び3」では、

 

「樺の木」についてお話します。

お楽しみに♪