menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

続 : お部屋でペット

先々週のぺぺさんのご相談に、頂いたご回答を載せきれず、嬉しい悲鳴をあげた前回。

 

今回は、載せきれなかったご回答をご紹介します♪

【回答】東京都:あおじるさんより


いつも楽しみに読んでいます。

今回の質問と回答は私自身、とても興味深く思ったので、対策は他の方にお任せして一言だけ補足回答です。

 

ペットを室内で飼うと、アレルギーが出る可能性があります。

私の家では、私が小さい頃から、小鳥やリス、鷄、犬、爬虫類等いろいろなペットを飼ってきました。鷄と犬は屋外で飼っていましたが、室内に入れる事も何度もありました。

私が高校生の頃、完全室内飼いで猫を飼うようになりました。

完全室内なのでダニ等の問題は全くありませんが、それまで約20年、どんな動物に対しても何ともなかった兄に、アレルギー症状(花粉症のひどい状態みたいな症状)が出るようになりました。

更に私が社会人になって、もう1匹、同じく完全室内飼いで猫を飼いはじめたところ、今度は、私も同様のアレルギー症状が出るようになりました。

動物の毛はあらゆるところにつきますので、こまめに掃除をしないと洗濯物、タオル等にも、洗った後でも残ってしまいます。

 

普段、動物アレルギーがない人でも、自分のベッドや、ちょっとゴロンとなるカーペット等についている大好きな大好きなペットの毛で、アレルギー症状(花粉症みたいな症状)が出ることがありますので、どのような動物を飼うか、また、同じ猫でも毛質によって違うこと(我が家の場合は姉弟猫にも関わらず、私が症状が出るのは弟猫のみ)を念頭に、ペットを選んで、大切な家族として迎えてあげてほしいなと思います。

ちなみに、私も兄も、アレルギー症状が出ても、我が家の猫達が大好きで、一緒に遊んでは後で症状がひどくなって大変な目にあっています。


ご家族が動物大好きで大切にされている様子が目に浮かびますね(^o^)

それにしても、アレルギーに個体差があるなんて知りませんでした。

飼う前に是非確認しておきたいポイントですね。

あおじるさん、ありがとうございました!

そして、次は、いつも投稿を頂いているdayanさんから♪

【回答】大阪府:dayanさん


ワタシは小さい時から数多くのペットと過ごしてきました。

ネコ、小鳥、九官鳥、ウサギ、かぶと虫(これもペットかな?)

彼らと過ごす楽しい時間は何物にも代え難い時間です!!

危惧されている毛やダニはもうしゃーないです。

(ノミはお薬で駆除できます)

がっつり掃除してください。としか言いようがないです(;_;)

 

犬ならこまめに散髪とかするしかないですね。

でもアレルギーが無ければ大丈夫ですよ!

おしっこやナンヤカヤは最初のしつけが肝心。

インテリアへ云々もしつけ次第です。

ペットの本を参考にしつけてあげてお互い楽しく生活が出来るように頑張ってくださいね。

 

あと、ーーーーーーましてや、おそらく父親と子供達は一緒に遊ぶだけ遊んで、

面倒なことは母親任せ、というのは目に見えている(-_-)ーーーーーーー

と書いてらっしゃいますが・・・あぁ耳が痛い取れそうに痛い(>_<)

そんな子供でした。

ワタシ・・・いや今も。年は取りましたが・・・ハハハ

とはいえ、面倒な事は母親任せと今からおっしゃるのはどうでしょう?

最初からもうご自分が引き受ける気持ちになってるのでは?

その気持ち、多分お子様は敏感に本能的に見抜いてますよ!!

 

この際、ペットを飼う条件として、それにまつわる色々な雑事を分担を決めて、問題があれば検討し直す事で、ルールを決めてはいかがでしょうか?

強い気持ちをもって、子供達(ご主人も含めて)きちんとやり遂げるまで助言はするけど、ぜったいしない!を徹底しては?

これはワタシの場合ですが、最初は楽しいんですよ。

何もかもが!

 

でも、1ヶ月ほどしたらめんどくさい掃除とかはほったらかし。

母はしなさいってうるさく言うけど、ほっといたら最後はちゃんとやってくれるんですよね。

ペットが可哀想だと言って。

そのうち、やれやれとも言わなくなって・・・

でもその結果、ペットは母に一番なついてました。

ペットも世話をしてくれる人をちゃんと知ってるんですね!!

あるいは、予備期間として3ヶ月ほど色々お手伝いしてもらってはいかがでしょう?

やり通せれば飼う!って。

これされてたらワタシは今まできっとペットは飼えなかっただろうな・・・

でもワタシ個人的にはペットを飼うという事は良い事やと思います。

 

特にオコサマにとっては自分より弱い力のものを慈しみ育てると言う事が出来るからです。

また生き物ですから当然いつかは亡くなってしまう事でしょう。

可愛がっていたペットを通して、死と言うものを頭ではなくココロで学ぶ事で、すごく、すごく、成長出来ると思います。

近年、痛ましい事件や自殺などが多いのは、やっぱり命の重さっていうものがよく解ってないからじゃないかな?

とも思うのです。

 

少し話しが重くなってしまいましたが、重たいついでにもう一つ。

理解されているかもしれませんが、動物を飼うという事は意外に、お金がかかります。

エサ代やなんやかやではありません。

彼らも予防接種やなんやかや必要です。

さらに風邪を始めとした色々な病気にもなります。

保険はありませんから実費診療です。

動物の医療費って割と高いんですよ・・・

 

それと、長期間おウチを空ける事ができません。

預かってくれるところがあればいいですが・・・

色々書きましたが、結局動物達がいてくれる事で生まれる楽しい時間は何物にも代え難いです。

いてくれるだけで癒しにもなります。

メリット、デメリットを含め家族会議を重ねて、ペットとの楽しい生活を送ってくださいねっ!!


dayanさん、いつも投稿ありがとうございます!

今回は、ノウハウだけでなく、とっても教育的なお話もいただきました。

 

ペットを飼う時も生命の重さをちゃんと考える。

ペットを通じて生命の大切さを心に刻む。

家族の単位が小さくなり、地域コミュニティが

疎遠になっている現代だからこそ、

重要な事かもしれません。