menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

アクセントウォールを活かした家具使い

壁の一面だけを違う色にし、アクセントとして楽しむインテリアが最近はすっかり定着してきましたが、上手にコーディネート出来ていますか?
アクセントウォールを活かして家具や小物を配置すれば楽しみ方が何倍にも増えます。早速コツをみていきましょう。
 

accentwall_furniture

出典:http://domino.com/california-interior-design/

 

背板が無い棚を使う

小物や雑貨を飾る場合は、アクセントウォールの壁の前に背板の無い棚を配置して、そこに飾っていきましょう。
写真のように深い青色の壁紙に白い陶器を置くと、とても映えて見えますね。棚のフレームが額縁のような役割になり、まるで切り取った絵のようです。壁の色も背景として利用し、飾る小物とコーディネートを楽しみましょう。
 

家具はシンプルなものを

壁一面が賑やかになったら、テーブルとイスはシンプルな物をチョイス。しっかりと重みのある素材よりも、細めの脚の物で棚のデザインと統一させるようにしましょう。ラグマットも無地に。今回のように壁が寒色系の深みがある色の場合は、ラグはオフホワイトでパイルカットのフカフカした素材にすると温かみがプラスされて、全体のバランスが取れます。
 

早速取り入れて、実践してみましょう。