menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

機能性とデザイン性の両立

機能的な壁面収納は欲しいけれど、お部屋の雰囲気を壊したり、圧迫感が出るのでは・・・。
そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
例えば写真のコーディネート。十分な収納スペースを確保しつつ、デザイン性もあり、余裕を感じられる空間に仕上がっていませんか。
 
今回はそのポイントを探ってみましょう。
 

kinousei_designsei

出典:http://www.homedsgn.com/category/interior-design/

 

デザイン性に目を向けさせる

シンプルな空間に大型収納を作ると、収納が空間の主役になってしまうこともありますよね。それを回避したい場合におすすめなのが、収納の存在感に負けないデザイン性を入れること。写真の場合、アートとライティング、そして一見オフィスチェアにも見える個性的なダイニングセットが目を引きませんか。
 
ポイントは色が混在したアートを選んでいること。そしてライティングはシェードが大きく、位置を低くしていること。さらにダイニングセットでテイストに『外し』を入れていること。これらのインパクトで、大きな収納も悪目立ちせず共存しています。
 

色と高さの工夫

そんな空間を上手くまとめているのが色。壁と天井のグレーをカーテンやライティング、そしてダイニングチェアに使うことで、全体に繋がりが生まれます。素材をファブリックで統一しているのもポイントです。
 
もう1つ注目なのが、カーテンと壁面収納の高さ。ここに違いがあるとその部分に違和感を覚えてしまいますが、窓を天井から覆ってしまうことで高さを統一。さらに、収納に薄い色を使うと高さがあっても圧迫感が出にくく、両者が自然に馴染んでくれますよ。
 

計算して飾る

横一列に設けられたベンチシート。シート下に収納を確保しているだけでなく、上部にはアートを飾るスペースがあること、そしてクッションを立てかければそれもアートとして成立する嬉しさがあります。もう1つ、壁面収納の一画は飾り棚になっていて、内側の黒がアクセントにもなってくれます。ここにオブジェやインテリアグリーンを飾るのも素敵ですよね。
 

機能性だけでなくデザインも楽しめる空間作り、ぜひ楽しまれて下さい。