menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

シンプルライフという選択

余計なものを持たずに暮らすことで、真の豊かさを追求する『シンプルライフ』
近年、インテリアにもそんな傾向が見られるようになりました。
 
シンプルですっきりした空間は魅力的だけれど、何だか殺風景で冷たい印象になりそう・・・。そんなお悩みをお持ちの方、こんな温かみのあるシンプルさはいかがでしょうか。
 

simple_life

出典:http://ameblo.jp/kagunavi-bigjoy/entry-11715107639.html

 

最小限の家具には自然素材で温かさを

物が少ない空間。モダンで生活感のないスタイルも素敵ですが、やはり温かさを感じると居心地が良いですよね。そんな時には家具に自然素材を取り入れてはいかがでしょうか。
とくに木製家具の自然なフォルムや優しい色合いは温かい雰囲気を作ってくれますし、木の質感や木目がアクセントになるので同じ色の家具で揃えても単調な印象を与えません。
ポイントは直線的で装飾の少ないもの、そして薄めの木材を選ぶこと。シンプルながらも垢抜けた空間になりますよ。
 

椅子の下の空間がポイント

狭い空間でも広々と見えるポイントは、椅子の下部に十分なスペースが取られていること。ソファーの下部、そしてダイニングテーブルとチェアも脚が長く、床と座面のスペースを広く取ることで圧迫感を与えません。脚の細いものを選べばさらにすっきりとした印象に。斜めの脚を使ったり、ダイニングチェアの背もたれを低くしたり、リズムをつけるとシンプルながらも個性が出ますよ。
 

小物でアクセントを入れる

シンプルでミニマイズされた空間にもアクセントは欲しいもの。そんな時には小物でのアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。手軽に冒険できるのがクッションカバー。ボーダー柄やビビッドブルーも、柔らかなファブリック素材を選べばナチュラルな家具との相性が良くなります。
インテリアグリーンは背の高い植物を選ぶと縦方向を強調してくれるので、すっきり見せたい空間におすすめです。
 

『持たない暮らし』の中にも、居心地の良い場所を作れたら素敵ですよね。