menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

カラーコーディネートのコツとは?~その③~

ベーシックカラーのコーディネート

3回に分けてお届けしてきた「色別カラーコーディネートのコツ」
最終回の今回は、ベーシックカラー「茶」「白」「黒」をピックアップします。
 

無難なカラーだけに手を出しやすくもありますが、全部こうしたお色では、お部屋が単調になってしまうもの。。
 

そこで!単調にならないポイントや、上手に取り入れる方法をご紹介。
色別おすすめ雑貨アイテムと合わせて、ぜひ活用してみてくださいね。

 

◆安定感バツグンの茶

安定感バツグンの茶

木や土を連想させる茶は、全てのカラーの中で最も落ち着きがあります。
どんな色とも調和し、使いまわしが利く万能カラーです。

華やかでロマンチックなピンク

  • インテリアに茶を取り入れる時のコツ
  • 単独で使うと単調になりやすいので、デザインや素材との組み合わせで変化を持たせましょう。
  • 茶のバリエーションは豊富ですが、赤系の茶、青系の茶など色味が違うものを混在させず、
    トーンを統一するときれいにまとまりますよ。

トーンを統一するときれい

 

 

◆優雅さをもたらしてくれる白

気分をアゲてくれる赤

メインカラーに使えば、エレガントな雰囲気や清潔感を演出してくれます。
お部屋に明るさをもたらしてくれるので、日当たりの悪いスペースにもおすすめです。

エレガントな雰囲気や清潔感を演出

  • インテリアに白を取り入れる時のコツ
  • 全て真っ白にしてしまうと、殺風景でよそよそしい雰囲気になってしまいます。
    くつろげる空間にしたいなら、適度にカラーを使ったり、デザインや素材に柔らかい印象のものを取り入れるようにしましょう。
  • 絵画や調度品など、お部屋に主役アイテムがある場合は、ベースを白をすればそれらを引き立てるのに最適です。

適度にカラーを使うと◎

 

 

◆モダンテイストに欠かせない黒

モダンテイストに欠かせない黒

男性的でクールな雰囲気を醸しだす黒ですが、色の組み合わせ次第で、イメージを大きく変えることができるのも黒の魅力です。

健康的で食欲を増進させるオレンジ

  • インテリアに黒を取り入れる時のコツ
  • 白とは対照的に光を吸い込む色なので、多用し過ぎると重苦しい印象になってしまいます。
    同じ黒でも自然素材や曲線的なフォルムのものを選べば、そうした印象を解消できますよ。
  • ビビッドな色と組み合わせればモダンで刺激的なイメージに。
    濃い色と合わせれば重厚な雰囲気に。柔らかい色と組み合わせればシックな印象に。
    ぜひテイストを意識しながら取り入れてみてくださいね。

テイストを意識

 

 

いかがでしたか?
カラーコーディネートでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。