menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

カラーコーディネートのコツとは?~その②~

暖色を上手に取り入れよう!

連載でお届けしている色別カラーコーディネートのコツ。
今回は暖色系カラーをピックアップします。
 

暖色系は、インテリアに取り入れるのが難しそう!?
取り入れたいのに、ついつい無難な色に落ち着いてしまっていませんか?
 

また、手を出してみたものの、お部屋が暑苦しくなってしまっている場合は、
こうすれば解消できますよ! これを読んで、洒落た色使いのインテリアに挑戦してみませんか?

 

◆華やかでロマンチックなピンク

華やかでロマンチックなピンク

女性らしく愛を喚起させるピンクは、女性ホルモンを促し、
若返りの効果があると言われています。女性には嬉しい効果ですね♪

華やかでロマンチックなピンク

  • インテリアにピンクを取り入れる時のコツ
  • ビビッドなピンクを使いたい場合は、アクセントカラーとして少量にとどめるか、黄緑系と組み合わせると、バランスが取れて上手くまとまります。
  • 広い面積に使用したい場合は、落ち着いた色味のピンクや、上品に見えるベージュピンクなどを選ぶようにしましょう。

落ち着いた色味のピンク

 

 

◆気分をアゲてくれる赤

気分をアゲてくれる赤

赤には気分を高揚させ、活発にする作用があるので、人がたくさん集まる場所や、にぎやかに過ごしたいお部屋におすすめです。

体温を上げて血行を促進してくれる色

  • インテリアに赤を取り入れる時のコツ
  • 赤は、体温を上げて血行を促進してくれるので、派手な赤を多用しすぎると、落ち着かずにイライラしたり、暑苦しく感じることがあります。
    鮮やかな赤はアクセントとして、ポイントのみに使うようにしましょう。
  • 赤をメインカラーに使いたい時は、落ち着いた深みのある赤やダークレッドを使いましょう。

落ち着いた深みのある赤

 

 

◆元気なビタミンカラー オレンジ

元気なビタミンカラー オレンジ

健康的で食欲を増進させるオレンジは、ダイニングやキッチンに最適。
日当たりの悪いお部屋に使うと、不足している明るさを補ってくれますよ。

健康的で食欲を増進させるオレンジ

  • インテリアにオレンジを取り入れる時のコツ
  • 開放感があり、カジュアルで親しみやすい色なので、娯楽ルームや子供部屋にもおすすめです。
  • 寝室や書斎には使う場合は、用いる分量を調節し、刺激を和らげると◎です。

寝室や書斎には分量を調節

 

 

ぜひ、カラーを上手に取り入れて、お部屋作りを楽しんでみてくださいね。