menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

涼しい睡眠を叶えるステキな色

梅雨もあけて、ようやく夏本番。

キラキラ光る太陽に、待ってましたの気分!

 

で・す・が…

昼の気温が上がれば上がるほど

夜の気温もなかなか下がらない訳で

どうも寝苦しい夜が続きそうな予感です。

 

夏場、眠りやすい環境と言われているのは

 

●気温・・・24~28度

●湿度・・・50~70%

 

これが熱帯夜になると

身体からの放熱も相まって寝具に熱がこもり

寝苦しくなってしまうのです。

 

でも、日中オフィスや電車で

冷房漬けになっている、私たち。

健康のことを考えると

寝る時もホントは冷房をかけすぎたくない。

 

そこで、寝具のインテリアに

ちょっと工夫を加えることで

寝る環境のベストコンディションを目指してみませんか?

私たちは目で色を識別し

目から色の情報を受け入れていますが

実は目隠しした状態でも

皮膚で色を感じる(=見ている)という

実験結果があります。

 

さて、あなたの寝室はメインカラーは何色ですか?

多くの時間を目を閉じているからといって

夏の寝室で赤、イエローといった色は禁物。

 

ちょっとでも涼しく感じられるように

ブルー系の寒色、温度感のないホワイト系をメインに

チョイスするのがベスト。

 

ブルーは血圧降下の効果がある

と医療的方面からも言われているように

鎮静力を持っているカラー。

 

落ち着きをうながし

心身の回復力を高めてくれる色なのです。

 

暑い夜もエアコンだけに頼らず

インテリアのちょっとした工夫で

夏を乗り切ってみませんか?