menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

クロスのお手入れ最終回

今週は“クロスのお手入れ”の最終回。

 

前回までは、

「クロスの3つのお手れ」についてお話をして

 

◎ホコリを取る

 

◎汚れを落とす

A)ビニールクロスの場合

1)全体的な黒ずみ

2)鉛筆などで描いたもの

まで、進めてきました。

 

最終回では

A)ビニールクロスの場合

3)カビ

B)紙・布クロスの場合

をお話しします。

【回答】スタイリクス


2)カビ

長く時間が経ってしまったカビはなかなか落とせません。

見つけたら、すぐに退治しましょう!

 

表面に生えた程度の初期のカビ>

薄めた中性洗剤をつけた雑巾を固く絞り

カビを拡げないように生えている部分だけを拭き取ります。

 

少し時間が経っていそうな場合>

まず、水で濡らした雑巾を固く絞って拭き取ります。

その後、乾いた布かスポンジに

エタノールを付けて拭き取ってみましょう。

 

カビの色が沈着して落ちない場合>

漂白剤を使ってみましょう。

(壁紙の色が白い場合のみ)

コップ半分程度の水に

漂白剤を2~3滴垂らしてかきまぜます。

それを雑巾かスポンジにつけてカビの部分におしつけます。

水で漂白剤を拭き取った後、乾拭きで仕上げましょう。

力を入れすぎないように注意してくださいね。

 

B)紙・布クロスの場合

紙・布クロスの場合は、基本的に水が使えません。

そのため、ビニールクロスのやり方の中で

洗剤以外の方法というと・・・“消しゴム”

 

薄く広がっている汚れには

軽く消しゴムで擦って落としていきます。

鉛筆の場合は、ノートと同じ要領ですが

力を入れて破らないように注意。

できるだけ角の所で鉛筆の跡の部分を

掻き出すように消すのがポイント。

 

ボールペンやクレヨンなども

消しゴムで薄くすることはできますが

残念ながら完全には消えません。

 

白い紙クロスで一本の線だけのような狭い範囲なら

ノートと同じく修正液を使う手もあります。

 

白の色が目立たないかどうか

隅の方で小さく試してからにしましょう。

塗るときもベタッと塗らず

線の上だけに細~く丁寧に。

 

◎注意ポイント

最後に全体的な注意をまとめておきます。

  • 洗剤は中性洗剤であることをしっかり確かめて。色々試そうとして性質の違う洗剤を使うと危険!
  • 使うときは、隅の方で色落ちや変色、壁へのダメージを確かめてから。
  • 染抜き液などで使われるシンナーやベンジン系は色落ちや変色になりやすいので特に注意。
  • キッチンの油汚れ落しに使うスチーム系のクリーナーは×。クロスがはがれます。

皆さん、いかがでしたか?

 

4回に渡ってお送りしてきた“クロスのお手入れ”

滅多に気にしない所ですが、知らず知らずのうちに

汚れが染みついてしまうもの。

 

紙や布クロスのご家庭は汚れ落しに制約があるので

日頃から汚れが沈着しないうちのお手入れが大事。

体の健康と同じく、

お家も予防と早めの対処が肝心ですね♪