menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

壁紙の落書きを消したい!

先週に続き、壁紙のお話です♪

 

【質問】長野県:T.M.さんより


我が家には、とても可愛い(と、勝手に親が思っている(笑))3歳の子供がいます。

しかし、2歳から3歳は“魔”の時期で本人は全く悪気はないのですが、

ちょっとした遊びをしてしまいます。

それは大人から見ればいたずらなんですが・・・(^^;)

 

先日も、ちょっと目を離したすきに、壁にボールペンでぐるぐるととぐろが描かれていました。

消しゴムでちょっとこすってみたのですが薄くはなるものの、消えた、という感じになりません。

壁紙は白なので、修正液でも塗ろうかと考えましたが、できれば消したい。

何か良い方法は無いでしょうか?


2~3才の頃は、ホントに可愛いのですが、いたずら盛りでもありますよね~。

以前にも、壁紙のくすみをとりたい、というご相談がありましたが今回は、ボールペン!

なかなか強敵です。

読者の皆さんのお知恵をお待ちしてます♪

経験者の方から、お便りをいただきました♪

 

【回答】東京都:ひろちゃんさんより


私の家でも、昨年同じ事が起きて、一時、家中大騒ぎとなりました。

最初、とりあえず消しゴムで消してみよう!ということになり、そろりそろりと消してみました。

一向に消えません。仕方ないので、ちょっとゴシゴシ。

でも効果無し。これ以上やって破けるとコワイのでこの作戦はここで中止。

 

どうしようかと悩みながら、子供を叱っている私を後目に、なにやら検索する主人。

しばらくして「あった、あった」

どうやら消す方法を検索していたらしい。

 

話を聞いてみると、色んな方法があるみたい。

その中で私達が試したのは、カビ取りマジックリン。

壁紙に吹き付けると破れそうな気がしたので、タオルに染みこませて、できるだけペンの部分だけ細く擦ってみました。

ちょっと爪を使ってやるといいです。

 

すると、ボールペンの跡はどんどん薄くなっていき最終的には、消えてしまいました。

他にも漂白剤を使う方法などもありましたが、家はこれですっかり落ちましたよ。

お試しあれ。


カビ取りが効くとは・・・。

カビの黒ずみとボールペンのインキが同じような感覚で消されるのかしら??

でも、とにかくこれは効くらしい。

 

T.M.さん、参考にしてくださいね。

ただし、壁紙の質や、擦り方によっては痛める危険性もありそうなので、

一気にゴシゴシ擦らず、目立たない所で少し試してみる事をお薦めします♪

 

いつも暖かいお便りを下さるdayanさんから♪

 

【回答】大阪府:dayanさんより


壁紙にボールペンで落書きはなかなか落ちないと思います。

もしインクが落ちたとしてもボールペンの先がとても鋭いため壁紙の微妙なぽこぽこにまで傷がついていると思います。

ですので・思い切って壁紙の交換をしてはいかがでしょうか?

 

専門業者にお願いするのが手っ取り早く美しい仕上がりになると思いますが、

ご自分でやってみてはいかがでしょうか?

最近は壁紙の上から貼ることのできる壁紙もあります。

糊も水性で扱いやすそうですよ

 

・落書き部分が小さいなら、お気に入りの柄の布やパッチワークなど、タペストリー代わりに掛けては?

今からの季節、ハワイアンキルトが涼しげでいいんではないかと思います。

 

・珪藻土の壁にする以前NHKの番組で放送されていたのですが、

自分で塗る事の出来る珪藻土が売っているそうです(仕上がりには数日かかると思いますが・・・)。

へらをつかいオリジナルの模様を書いてみては?

 

またお子様の手形なんかを端っこにペタっとつけるのも可愛いかもしれませんね!

最後に余計な事かもしれませんが、自宅とはいえ、

壁に落書きをするのはいけないことであると言う事をお子様に理解してもらうために、

何かお手伝いをしてもらうことを強くお勧めします。


今回も、本格的アドバイスに、教育的指導(?)つき(^_^)

「壁紙の交換」で思い出しましたが、私の知人のお宅で、お子様が小さい間は、

手の届く範囲の壁を別の壁紙で覆っていたお宅がありました。

「先手必勝」だそうです(^_^;)

そのお宅は、確かクロスではなかったので、できた技ですね。

 

しかし、教育の観点からすると、むしろ教える事が大切かも!

どこかのインテリア雑誌に出てた読者の方が、

「子供でも、しっかり目を見て『これは大事な物だから』と教えれば、家具を傷つけたりはしません」

と仰っていた方がいらっしゃいました。

 

T.M.さん、是非参考にしてくださいね!