menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

インテリアの名脇役「観葉植物」のギモンを解消!

効果的なグリーンの置き方・選び方

新緑の美しい季節になりましたが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。
 
さて、↑定番の5月のご挨拶ですが…そうです!今月は「目には青葉」ということで、
今回はインテリアに欠かせない観葉植物をテーマにお届けします。
 
「お部屋にグリーンを置くと、お部屋の印象がグッと良くなる!」
そうは分かっていても、どこに、何を置いたらいいのか、なかなか難しいですよね。
 
そんな疑問「?」をひとつずつ解消していきましょう!

 

どこに置いたらいいの?

グリーンは置く場所が大事
 

まず、重要なのが置く場所。
もちろん生き物ですから、植物にとっての環境を考慮してあげましょう。
大切なのは「日当たり」と「風通し」
 
「ここに置いて大丈夫かなぁ?」と迷ったら、人間がいて心地よいと思える場所かどうかが判断のポイントです。全く日の当たらない場所(マンションの玄関等)や、エアコンの風がもろにあたる場所は避けましょう。
 
人間がいて快適な場所なら、植物にとっても正解の環境です。
日当たり・風通しが悪いと、すぐ枯れてしまったり、虫が付きやすくなってしまいますよ。。
 
 

どうやったらお洒落になるの?

 
インテリアとして効果的に植物を活かすためには、次のポイントを意識してみてくださいね。
 

◆高い位置に置く!

床に直置きしがちな植物ですが、目線の高さにグリーンを置くと効果的。
また、シダ性の植物等はシダの特性を活かすためにも、高めの場所に置きましょう。
 

  • 背の高い植物が欲しいときは・・・

Mサイズ+台の例

Lサイズの植物を置くのではなく、Mサイズの植物をスツール等の上に置いて高さを出すのがオススメです。
大きいサイズの植物は、重い・置ける場所が限定されてしまう、などちょっと不便。。
中くらいの植物+台にすることで、その後の場所の移動が楽々。
模様替えや引越しの際も困らずに済みますよ。

 
  • 置く場所がない時は・・・

今はいろいろなタイプの器が出ています。
フックなどを使って上から吊り下げてみたり、土を使わず壁掛け出来るタイプも出ていますので、限られたスペースには、そうしたグリーンを選びましょう。
限られたスペースにも置けるあれこれ
 

◆器にこだわる!

  • 鉢カバーをつけよう

鉢カバーをつけよう

簡易的なプラスチックの鉢は、残念な印象になりがち。
インテリアとしてより良く見せるためには、セットで鉢カバーを付けましょう。
お部屋のテイストに合ったものを付ければ、より雰囲気が高まりますよ◎
 

  • 高さのある鉢を選ぼう

Mサイズ+台の例

もともと高さのある鉢を選べば、植物に高さを出すことができる&
お部屋のポイントにもなって一石二鳥ですよ♪

 

何を選んだらいいの?

 
とにかくたくさんの種類があるため、何を選んだらいいのか、迷ってしまいますよね。
そんなときはコチラ!
 

◆とにかく楽なのがいい!サボリがちな方へ

多肉植物

〇多肉植物
種類も豊富で、見た目もかわいらしく大人気の多肉植物。置く場所さえ押さえておけば、あとはほったらかし気味でOK。
ぷっくりした葉っぱにハリが少しなくなってきたら水やりのタイミング。分かりやすくていいですね♪

 

パキラ

〇パキラ
比較的乾燥や過湿に強く、病害虫にも耐性があり、生命力旺盛。
どこから切ってもすぐ元のきれいな状態に戻るので、初心者にもうってつけな観葉植物です。

 

シェフレラ

〇シェフレラ
耐陰性、耐寒性、耐暑性のいずれも強く、強健種ではナンバーワンともいえます。
初心者にも安心して育てられるうえ、愛嬌ある丸い葉っぱで、インテリアとしても人気があります。

 

◆お部屋の環境で選ぶ

 

  • 日当たりがイマイチでも植物が欲しい!

モンステラ

〇モンステラ
個性的で存在感のある葉が人気のモンステラ。
とても丈夫で生命力旺盛。寒さ、暗さにも耐えることができ、比較的容易に育てることができるおすすめの観葉植物です。

 

タニワタリ

〇タニワタリ
耐陰性が強いのが特徴で、暗い場所でも育ちます。
ほっておいても早々枯れることがないその頑丈ぶりは、多忙で世話が心配という人にはぴったりです。

 

シンゴニューム

〇シンゴニューム
耐陰性があり過酷な環境下でも丈夫に育ちます。
つるが伸びてきたらカットして、挿し木で増やすこともできます。

 
  • 寒さに強い植物が欲しい!

ゴムノキ

〇ゴムノキ
原産国では樹液から天然ゴム採取のために栽培されていたことから、通称名「ゴムノキ」と呼ばれるようになりました。日陰に耐え、寒さや乾燥にも強く、どんな環境でもなじみやすい強健さを持っています。

 

ユッカ

〇ユッカ
寒さと乾燥に非常に強く、日陰にも耐えるので、日当たりのよいベランダでも、窓から離れた室内でも丈夫に育ちます。その力強さから「青年の樹」と呼ばれ、性質も丈夫なため初心者におすすめです。

 

どうお世話すればいいの?

 
どうお世話すればいいの?

植物によって、適切な水やりや温度管理の方法は異なります。
良かれと思ってやっていることが、実はその植物に合っていないことも。。
植物を購入する際には、知識ある店員さんにきちんと確認したり、ご自身で調べたりして、それぞれ植物に合ったお世話をするようにしましょう。
 
適切にお世話してあげれば、早々枯れてしまった、、なんてことにはならないはず。愛着も湧いて、自分だけの特別なインテリアになりますよ。

 

 

いかがでしたか?
お部屋にグリーンがあると癒し効果も◎ より居心地のいい空間になります♪
 
スタイリクスでは、家具だけでなくお部屋に合わせた観葉植物のご提案も可能です。
「選択からお届けまで丸投げしたい!」そんな希望も承ります。
どうしてもお世話が難しい方には、フェイクグリーンのご用意もありますよ。
「家具と一緒に」「追加で購入」等々ご用命の際は、お気軽にご予約の上、ご来店くださいませ。
 

一部フェイクグリーンはオンライショップからもご購入可能ですよ。