menumenu
家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

レンタルもできるインテリアコーディネートショップ

限られたスペースに、ダイニングとリビングを確保したお部屋

モダン

日々のお食事や、ノート型パソコンのご使用のため、「テーブルとイス」が必ず欲しいけれど、ゆったりとくつろげるソファもほしい、しかも限られた空間の中にも動線もちゃんと残して不便なく使えるようにしたいというご希望をいただきました。ダイニング・スペースは、一般的な長方形や正方形のテーブルを置いてしまうと、収納棚を置くスペースもなく、キッチン前の作業スペースも使いづらくなってしまうと、悩んでいらっしゃったお客様です。ですので、キッチンでの作業台も兼ねたカウンターテーブルをご提案致しました。奥行がスリムで、やや高さもあるデザインですので、リビングに向かう動線や、キッチン前の作業スペースもとることができました。バーのような雰囲気ですので、生活感よりも「おしゃれな」というご希望に沿うアイテムで、限られた空間にはバッチリの商品です。書籍が多いお客様でしたので、奥行が通常の本棚よりもスリムな、腰高の収納を設置しています。ソファの横には、リビングボードとして扉つきの収納を、テレビ台と色を併せて設置しました。ソファは、汚れが気になるのと、落ち着いた色合いがご希望とのことでしたので、家具はブラウンでまとめ、ラグは濃い家具の色と床色とをなじませるような中間色を選んでいます。カーテンは暗くなりすぎないように、落ち着いたグリーンのはいった生地を選ぶことで、モダン・テイストでも、重たくなりすぎない明るさとカジュアルさを感じられます。

モダン

一般的なダイニングテーブルを使わなかったこともそうですが、掃出し窓の前をふさがないように、大きなリビングテーブルをどんと置くのではなく、ネストテーブルを選んだ点もお部屋を広く見せるポイントになっています。不要なときにはサイドテーブルとして小さくまとめられ、ランダムにソファ前に並べても遊び心のあるアクセントになります。くつろぐ場所であるソファ周りには、腰高の扉付の収納を置いて内容が見えないようにし、パソコンを使ったりと作業がメインになるダイニングには、取り出しがしやすいようにオープンシェルフを選んで使い勝手を考慮しています。